ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

佐渡空港A2-Bcpを改定しました

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0460676 更新日:2022年2月1日更新

佐渡空港A2-Bcp

佐渡空港A2-Bcpを改定しました

佐渡空港A2-Bcpを改定しました。
(目的)
地震等が発生した際、空港利用者等の安全確保を最優先とし、空港施設の早期復旧及び適切な旅客対応を目的に関係機関が一体となった対応を行うため、あらかじめ計画を定めたものです。
(経緯)
2018年9月、関西国際空港で、台風第21号による滑走路や旅客ターミナルビル等への大規模浸水や、連絡橋への船舶の衝突等、また、新千歳空港では、北海道胆振東部地震による旅客ターミナルビルへの電力供給の停止等、これまで我が国の空港として経験したことのないような大規模な自然災害が発生しました。
これを契機に、空港全体が一体となって対応していくための計画として、各空港において「A2(Advanced/Airport)-Bcp」を策定することが盛り込まれ、自然災害に強い空港づくりを目指していくこととなりました。
佐渡空港A2-Bcpは、空港利用者の安全・安心の確保を目的とした「滞留者対応計画」及び滑走路・旅客ターミナルビル等の空港施設の「早期復旧計画」からなる基本計画(B-Plan)に加え、空港を機能させるために必要となる「電力」、「通信」、「上下水」、「燃料」、「空港アクセス」といった5つの機能別の喪失時対応計画(S-Plan)を策定しています。
 令和3年度改定内容は、令和3年10月1日の航空局組織再編に伴い、仙台Fscが無くなったため、関係機関から削除する。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ