ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

飼料安全法について

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0271793 更新日:2020年4月17日更新

正式名称は「飼料の安全性の確保及び品質の改善に関する法律(昭和28年法律第35号)です。(以下:飼料安全法と記載)

飼料及び飼料添加物の製造等に関する規制を行うことにより飼料の安全性の確保及び品質の改善を図り、公共の安全の確保と畜産物等の生産の安定に寄与することを目的としています。

 

飼料・飼料添加物の製造・輸入・販売業者の皆様へ

飼料・飼料添加物の製造・輸入・販売を業として行うには、飼料安全法に基づく届出が必要となります。

下記飼料安全法パンフレットに届出方法等に関する説明がありますので参考にしてください。

(目次クリックで該当ページに移動できます。)

飼料安全法パンフレット [PDFファイル/6.93MB]

 

各届出様式は、下記よりダウンロードできます。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ