ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

畜産課事業推進方針

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0040841 更新日:2021年4月1日更新

令和3年度畜産課事業推進方針

1 基本的な考え方

 畜産経営の持続的な発展のため、経営・生産基盤の強化による収益性の高い経営体の育成や新型コロナウイルス感染症等に対応した畜産物の消費拡大を図るとともに、豚熱や鳥インフルエンザ等の家畜伝染病の発生予防対策と万一の発生に備えた防疫措置に万全を期す必要がある。

 このため、令和3年度は次の事項を重点的に推進する。

2 主要推進事項と具体的方策

(1) 担い手の規模拡大等による生産基盤の強化

  • 畜産農家と地域の関係者が連携し、地域畜産クラスター協議会の設立を推進
  • 畜産経営体の経営管理能力の向上に向けた経営診断指導等を実施
  • 酪農ヘルパー利用組合に就業を予定する学生への修学資金や経営移譲希望者と新規就農希望者のマッチング活動を推進
  • 畜産経営体の育成、畜産への理解促進及び畜産物の消費拡大を図るため、関係団体等が一体となった振興活動の展開

(2) ブランド力の強化、生産性向上及びコスト低減による所得の確保

  • 「にいがた和牛」の増頭支援による生産頭数の拡大、遺伝的能力の高い繁殖雌牛の県内保留等を促進
  • 「にいがた和牛」の消費拡大・定着化に向けた取組や輸出を見据えた販路開拓の検討並びに食育をとおした需要の拡大を推進
  • 遺伝的能力の高い乳用牛の導入や牛群検定を推進
  • 飼料用米や稲ホールクロップサイレージなど水田を利用した自給飼料の地域内生産と利用を推進

(3) 家畜伝染病の発生予防とまん延防止体制の強化

  • 豚熱の発生防止を図るため、養豚農場への円滑なワクチン接種、免疫付与状況等の検査、及び野生イノシシへの浸潤状況を的確に把握
  • 悪性家畜伝染病(豚熱、アフリカ豚熱、鳥インフルエンザ等)の万一の発生に備え、迅速かつ的確なまん延防止対策が講じられるよう防疫作業訓練等の実施による危機管理体制の強化
  • 本県に就業を希望する獣医学生へ修学資金を貸与し、産業動物獣医師の確保を推進
<外部リンク> 県公式SNS一覧へ