ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 県政情報 > 県の仕事と組織・付属機関 > 三条地域振興局 農業振興部 > 農業振興・普及(三条農業普及指導センターからのお知らせ)

本文

農業振興・普及(三条農業普及指導センターからのお知らせ)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0124800 更新日:2020年9月2日更新

新着情報

トピックス、イベント・研修会、センターだより

  • イベント・研修会
  • 普及センターだより
  • 県央農業トピックス

管内農業の概要

 三条農業普及指導センターの所管区域は、県のほぼ中央に位置する、三条市、加茂市、燕市、田上町、弥彦村の3市1町1村です。都市と農村が共存する農業生産地域です。

普及指導センター技術情報

なりわいの匠

農薬に関する情報

 農薬は、農作物の安定生産に必要な資材ですが、健康への配慮や環境への負荷の軽減、食の安全・安心の確保のために正しく使用することが重要です。

農薬関連情報(外部リンク)

その他の農業情報

環境保全型農業

各種制度概要・様式

その他

   山菜の採取はルールを守って安全に、迷惑をかけないようにしましょう

関係機関等へのリンク集


お問い合わせ

  • 企画振興課:Tel(0256)36-2253
    [生産振興担当・農業企画担当:Tel(0256)36-2254,2255,2256]
  • 普及課:Tel(0256)36-2257
    • [普及担当(生活・畜産):Tel(0256)36-2258]
    • [作物担当:Tel(0256)36-2259]
    • [園芸担当:Tel(0256)36-2251,2340]
<外部リンク> 県公式SNS一覧へ

「旬」なはなし 第14回

新潟県育成~期待の日本なし新品種「新美月」「新王」登場!

新王

新潟県が特産品としてブランド化を目指している、日本なし「新美月」と「新王」が、出荷の最盛期を迎えています。

  「新美月」と「新王」は、新潟県園芸研究センターで開発された本県オリジナルの日本なし品種です。

  JAにいがた南蒲では、「天果糖逸(てんかとういつ)」ブランドで日本なしを出荷・販売していますが、実はこの「新美月」と「新王」、県内出荷量の6割以上はJAにいがた南蒲管内で生産されており、順調に生産拡大しています。

  甘くてジューシーな肉質が特徴の両品種、お近くのスーパー・直売所等※で目にすることがありましたら、是非お買い求めのうえ御賞味ください。

  ※特にJAにいがた南蒲の農産物直売施設「ただいまーと(栄スマートIC出てすぐ)」に是非ご来店を!