ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

家族経営協定に係る各種様式

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0057295 更新日:2019年3月29日更新

家族経営協定の各種様式

家族経営協定とは

 家族経営協定とは、家族で取り組む経営について、経営の方針や家族一人ひとりの役割、就業条件・就業環境について家族のみんなで話し合いながら取り決めるものです。そして、家族のみんなで実行し、必要に応じて内容の見直しも行っていくことです。
 協定のメリットは(1)制度上のメリットと、(2)経営改善や男女共同参画上のメリットがあるとされています。家族経営協定については、下記資料を参考にしてください。

「家族経営協定」のすすめ~夢ある元気な農業経営のために~ <外部リンク>

家族経営協定各種参考様式はこちら

 家族経営協定は、協定を結びたい目的やライフステージによって内容が異なることが多いことから、下記に各種参考様式を掲載しました。
 作成の参考としてください。

家族経営協定に関する相談窓口

 在住する市町村農政担当課、農業委員会、管轄する農業普及指導センターへお問い合わせください。

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ

「旬」なはなし 第8回

県内で最も早いえだまめ「弥彦むすめ」出荷開始!

弥彦むすめ

「弥彦むすめ」とは、県内で最も早い5月上旬頃から出荷される「えだまめ」。まだ雪の残る2月終わり頃からハウスの中で定植し、作業は大部分が手作業、非常に手間のかかる「えだまめ」です。

 枝付きのまま出荷するのが大きな特徴で、新潟の初夏を彩る逸品です。

 お近くのスーパー等でお求めいただき、是非ご賞味ください。JA越後中央弥彦営農センターでも販売しています。