ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > しごと・産業 > 農林水産業 > 三条地域振興局 農業振興部 > 県央地域の「なりわいの匠」を活用して田舎暮らしを体験しましょう

本文

県央地域の「なりわいの匠」を活用して田舎暮らしを体験しましょう

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0267281 更新日:2021年4月19日更新

紙すき体験の様子

 「なりわいの匠」とは、農山漁村の暮らしの「わざ」を次世代に伝えていくインストラクターとして、新潟県知事の認定を受けた方々です。

 「なりわいの匠」の方々の持つ農業体験や自然観察体験、農産物加工、郷土料理作りなどの「わざ」をご家族や仲間で体験することができます。

また、学校や地域の生涯学習の講師としても是非活用ください。

効果イメージ

 

  なりわいの匠 パンフレット [PDFファイル/3.71MB]

 

県央地域の「なりわいの匠」

  熊倉 睦(さつまいも体験) [PDFファイル/1.15MB]

  佐野 誠五(棚田ご案内) [PDFファイル/1.16MB]

  中林 芳光(きのこの鑑定) [PDFファイル/1.12MB]

  斎藤 豊(そば打ち体験) [PDFファイル/1.09MB]

  吉田 清(そば打ち体験) [PDFファイル/1.13MB]

  五十嵐 明(そば打ち体験) [PDFファイル/1.16MB]

  金子 聡(紙すき体験) [PDFファイル/1.92MB]

  山田 宏高(里山散策・ナタの柄) [PDFファイル/1.12MB]

  林 昭英(炭焼き体験) [PDFファイル/1.12MB]

  小杉 愛(農作業・加工体験) [PDFファイル/802KB]

  解良 佐裕子 他(チューリップ染め) [PDFファイル/1.16MB]

  岩野 幸子(おこわだんご作り体験) [PDFファイル/1.08MB]

  伊丹 ひろこ(カービング体験) [PDFファイル/1.16MB]

  小柳 邦江(ドライフルーツ加工体験) [PDFファイル/1.19MB]

 

「なりわいの匠」体験申し込み

  「なりわいの匠」派遣の流れ [PDFファイル/493KB]

  「なりわいの匠」活用時の留意事項 [PDFファイル/635KB]

  「なりわいの匠」 体験申込書 [Wordファイル/13KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ

「旬」なはなし 第20回

春を告げる「もとまち きゅうり」、県内で最も早く出荷開始!

もとまちきゅうり 

 燕市吉田本町(もとまち)で生産されている「もとまち きゅうり」は、県内で最も収穫が早く、2月下旬から出荷が始まっています。

  「もとまち きゅうり」は、「本町そ菜組合」が品種や栽培方法にこだわり生産している、ブランドきゅうりです。

 本町地区の野菜栽培の歴史は古く、米の生産調整が始まる前から、園芸作物の導入を目指し、集落の有志が共同でパイプハウスを建てたのが始まりとのこと。

 その後「本町そ菜出荷組合」が発足、「もとまち きゅうり」をはじめとした野菜類の共同出荷が開始され、生産者それぞれが切磋琢磨して高品質生産を進め、また選別の徹底や出荷箱の開発などで他産地との差別化を図り、きゅうりは県内屈指(JA出荷額県内第2位)のブランド産地となっています。

 県内で最も早い2月25日から出荷開始、11月下旬まで長期間出荷される「もとまちきゅうり」は、品種や栽培方法にこだわり、強い甘みや爽やかな食感が特徴となっており、市場からも高い評価を得ています。

 新鮮でどんな食べ方でも美味しい「もとまち きゅうり」!お近くのスーパー等でお求めいただき、是非御賞味ください!