ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
パンくず トップページ > 分類でさがす > 観光・文化・スポーツ > 観光 > 南魚沼・湯沢の魅力 > 【南魚沼・湯沢の魅力】 歴史・文化・名所情報 No.1

本文

【南魚沼・湯沢の魅力】 歴史・文化・名所情報 No.1

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0123483 更新日:2019年9月2日更新

南魚沼地域(南魚沼市、湯沢町)には、歴史に彩られた名所・旧跡、恵まれた自然・景観、レジャー・温泉など楽しい観光スポットがたくさんあります。
また、豊かな自然から生まれるおいしい食べ物・お酒も大きな魅力のひとつ。
地域で行われるイベントも全国的に有名なものから地域の方に親しまれたイベントまで色とりどり!

ぜひ「南魚沼・湯沢の魅力」を体感しに、足を運んでみませんか?

歴史・文化・名所(1/2ページ目) 

施設名をクリックすると体験記をご覧になれます。

上田の郷(うえだのさと)

上田の郷(うえだのさと)の画像

そば打ち体験や“魚沼産コシヒカリ”の田植え、収穫、ぬか釜炊き体験やかまくら体験など一年を通じて楽しめる体験メニューが盛りだくさんの施設です。

浦佐毘沙門堂・普光寺(うらさびしゃもんどう・ふこうじ)

浦佐毘沙門堂・普光寺(うらさびしゃもんどう・ふこうじ)の画像

浦佐駅から徒歩5分の距離にある、上杉謙信公、上杉景勝公、直江兼続公ゆかりのお寺です。
浦佐毘沙門堂の歴史は古く、大同二年(807年)に平城帝の御代、坂上田村麻呂将軍が東国平定の際に建立したと言われています。また堂内では、国の無形民俗文化財である裸押合大祭が毎年3月3日で開催されます。

雲洞庵(うんとうあん)

雲洞庵(うんとうあん)の画像

金城山の麓に所在する曹洞宗のお寺。
赤門から本堂に続く参道の石畳の下には、一石一字ずつ法華経が認められて埋められており、この石畳を踏みしめてお参りすると、罪業消滅・万福多幸の御利益に預かるといわれています。

関興寺(かんこうじ)

関興寺(かんこうじ)の画像

新潟県南魚沼市(旧南魚沼郡塩沢町)にある臨済宗円覚寺派の寺院。
杉謙信の没後、天正6年(1578年)に景勝・景虎二子による家督相続争いによって起きた御館の乱(おたてのらん)では、総門・三門・仏殿・法堂・方丈・禅堂・塔頭7ヶ寺に及ぶ大伽藍は、ことごとく焼失してしまいました。
この火事のなか、上杉氏寄進の大般若経600巻は、燃えないように味噌の桶の中に埋められ、戦火から逃れることができました。
以降、経文を守った味噌の噂が広まり、その御利益から味噌を分けて下さいと関興寺に参拝する人があとを絶たなかったといわれています。
そして、「関興寺にお参りして有難い味噌を頂きましたか?」の問いかけの言葉として「味噌なめたか」という言葉が生まれました。

塩沢宿牧之通り(しおざわじゅくぼくしどおり)

塩沢宿牧之通りの画像

牧之通りは旧塩沢町の中心市街地にあり、かつて三国街道沿いの宿場町として栄えた歴史のある通りです。通りの名称は郷土の文人、鈴木牧之の名前にちなんでつけらました。
江戸時代の宿場町の風景を再現し、雪国ならではの雁木(がんぎ)が整備され、多くの観光客で連日にぎわっています。

次のページ(2/2ページ目)を見る

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ