ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 佐渡地域振興局 農林水産振興部(農村振興担当) > 【佐渡】新穂第2ダムの貯水量情報

本文

【佐渡】新穂第2ダムの貯水量情報

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:1122040000 更新日:2022年8月2日更新

新穂第2ダム基本情報

 新穂第2ダムは新潟県佐渡市(旧新穂村)に建設された堤高61.4メートルの重力式コンクリートダムです。
 天神股川を水源としており、県営かんがい排水事業「新穂二期地区」により昭和58年から平成3年にかけて造られました。

  • 有効貯水量 1,050,000立法メートル
  • 受益面積 915ヘクタール

 ダムへのアクセスや工事の歴史は、「佐渡のにいがた農業水利施設百選」をご覧ください。
 佐渡のにいがた農業水利施設百選

貯水量情報

令和4年7月31日時点の貯水量は、835,900立法メートルで貯水率は80%、直近10か年平均と比べ81%の貯水率です。

新穂第2ダムの貯水量グラフ

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ