ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 佐渡地域振興局 農林水産振興部(農村振興担当) > 【佐渡】新穂ダムの貯水量情報

本文

【佐渡】新穂ダムの貯水量情報

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:1122030000 更新日:2022年8月2日更新

新穂ダム基本情報

 新穂ダムは新潟県佐渡市(旧新穂村)に建設された堤高33.2メートルのフィルダムです。
 国府川を水源としており、県営新穂村用水改良事業により昭和18年度から昭和33年度にかけて造られた、新潟県最古の農業用ダムです。
 ダム湖畔には桜が植えられ、毎年春には多くの花見客で賑わいます。

  • 有効貯水量 1,409,800立法メートル
  • 受益面積 915ヘクタール

 ダムへのアクセスや工事の歴史は、「佐渡のにいがた農業水利施設百選」、「新穂ダム~建設と現在~」をご覧ください。
 佐渡のにいがた農業水利施設百選
 新穂ダム~建設と現在~ [PDFファイル/19.15MB]

貯水量情報

令和4年7月31日時点の貯水量は、1,067,800立法メートルで貯水率は76%、直近10か年平均と比べ96%の貯水率です。

新穂ダムの貯水量グラフ

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ