ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

技術マニュアル

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0280020 更新日:2020年5月11日更新

水稲育苗ハウスを活用した果樹栽培(いちじく養液コンテナ栽培編)

いちじくコンテナ栽培遊休期間の長い水稲育苗ハウスを有効利用し、コンテナを利用していちじく栽培を行う技術です。

【ダウンロードファイル】
水稲育苗ハウスを活用した果樹栽培いちじく養液コンテナ栽培編[PDFファイル/5.5MB]<外部リンク>

【連絡先】
園芸研究センター 環境・施設科 TEL 0254-27-5555

水稲育苗ハウスを活用した果樹栽培(ぶどうアーチ栽培編)

ぶどうアーチ栽培遊休期間の長い水稲育苗ハウスを有効利用し、作業の競合しないブドウの短梢せん定無核栽培を行う技術です。

【ダウンロードファイル】
水稲育苗ハウスを活用した果樹栽培ぶどうアーチ栽培編[PDFファイル/8.4MB]<外部リンク>

【連絡先】
園芸研究センター育種栽培科 TEL 0254-27-5555

エコフィード推進のための飼料化原料のデータベース化

エコフィード飼料化原料生産未利用資源である食品残さ等を飼料化(エコフィード)し、飼料自給率向上に取り組むため、新潟県で発生するさまざまな未・低利用資源の飼料成分を分析し、データベース化しました。

【リンク】
エコフィード推進のための飼料化原料のデータベース化について [PDFファイル/428KB]

【連絡先】
畜産研究センター生産・環境科 TEL 0256-46-3103

RQフレックスを用いた堆肥・飼料中成分簡易測定法(普及指導員向け)

RQフレックスを用いた堆肥・飼料中成分簡易測定法(普及指導員向け)RQフレックスを用いた堆肥・飼料中の成分の簡易測定法を開発しました(普及指導員向けです)。

【リンク】
RQflexを利用した簡易分析手法~堆肥・飼料・その他有機質資材について~(ver.2.3) [PDFファイル/755KB]

【連絡先】
畜産研究センター生産・環境科 TEL 0256-46-3103

新潟県飼料作物生産・利用マニュアル

新潟県飼料作物生産・利用マニュアル新潟県では、平成5年度に飼料作物の栽培・調整・給与技術の解説書「フォーレージ・インデックス」を作成し、飼料作物生産の振興を図ってきましたが、稲発酵粗飼料の普及等、その後の畜産を巡る情勢変化に対応した新しい知見も取り入れ、平成19年に「新潟県飼料作物生産・利用マニュアル」として再編しました。

【ダウンロードファイル】
新潟県飼料作物生産・利用マニュアル(H30.3改訂)[PDFファイル/18.4MB]<外部リンク>

【作成機関】
新潟県農林水産部
新潟県畜産振興協議会
新潟県畜産技術協会

家畜ふん堆肥の窒素肥効評価法

家畜ふん堆肥の窒素肥効評価法

家畜ふん堆肥に含まれる肥料成分を有効に利用するために、堆肥に含まれる窒素成分の肥効を解明するとともにその迅速評価法を開発しマニュアル化しました。

【リンク】
家畜ふん堆肥の窒素肥効評価・利用マニュアル<外部リンク>
岐阜県農業技術センターのウェブサイトへ移動します
(堆肥カルテシステム(http://taihi.dc.affrc.go.jp/)で公開されていた家畜ふん堆肥の肥料成分の分析方法・動画を移設したものです)


【連絡先】 
畜産研究センター生産・環境科 TEL 0256-46-3103
【共同開発機関】
(独)農研機構・中央農業総合研究センター
岐阜県農業技術センター
三重県農業研究所

かきのジョイント栽培マニュアル

かきのジョイント栽培マニュアル 早期多収化、軽労・省力化が可能なジョイント栽培技術について、かき「平核無」「刀根早生」に適用する研究に平成27年度から30年度まで取組み、植栽から成園化までのポイントをまとめました。

【ダウンロードファイル】
かき「平核無」、「刀根早生」のジョイント栽培管理マニュアル(Ver.1)[PDFファイル/20.5MB]<外部リンク>
同 軽量版(画像圧縮版)[PDFファイル/4.8MB]<外部リンク>

【連絡先】
佐渡農業技術センター TEL 0259-63-4102
園芸研究センター 育種栽培科 TEL 0254-27-5555(代表)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ