ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

基盤研究部

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0192373 更新日:2021年9月15日更新
基盤研究部

主な研究内容

難防除土壌病害に対する防除技術の開発

新規資材による土壌還元消毒法&土壌動物や微生物の機能を利用した病害抑止技術
 環境保全型農業を推進するため、化学合成農薬のみに依存しない土壌病害に対する防除技術の開発を行っています。

銀めっき板を用いた水田土壌の硫化水素発生量の簡易評価

銀めっき板

 水田土壌から発生するワキの主成分のひとつである硫化水素発生量を簡易に評価する銀めっき板を開発しました。

 詳しくは、『技術マニュアル』をご覧ください。

ドローンによる水稲生育のモニタリング

ドローン操作&ほ場NDVI
 ドローンを使って、水稲の生育状況を広範囲に、かつ定期的に把握することで、最適な肥培管理技術の確立を目指しています。
 右の写真:生育時期別のNDVI値(植生指数:生育が旺盛なほど、色が赤くなる)

畑転換水田における地下水位制御システム

地下かんがい&暗渠排水

大豆畑

 暗渠排水と地下かんがいの両方の機能を備えた地下水位制御システムの導入効果を実証し、水田輪作による収益性の高い水田営農の実現を目指しています。

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ