ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・安全・環境 > 防災 > 新型コロナウイルス感染症 > 新型コロナウイルス感染症に関する知事メッセージ動画

本文

新型コロナウイルス感染症に関する知事メッセージ動画

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0279546 更新日:2022年1月19日更新

 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、「新型コロナウイルス感染症に関する県民の皆様へのお願い」の呼びかけを、知事が動画でお伝えします。

【まん延防止等重点措置の適用に伴う要請(概要)】

1.期間
 令和4年1月21日~2月13日

2.措置区域
 県内全域(全30市町村)

3.目的
 県内の新型コロナウイルスの急速な拡大に対し、まん延防止等重点措置の実施により、感染者数や感染速度を抑え、今後懸念される医療のひっ迫を避ける。

4.要請対象
 
主な要請内容(概要)
 
 ≪県民≫
 ・混雑した場所や感染リスクが高い場所への外出や移動は控える。
 ・不要不急の県外との往来は極力控える。
 
  ≪事業者≫
 ・社会機能の維持のため必要な業務の継続の仕組みを構築すること。
 ・テレワークやWeb会議の活用、時差出勤の拡大等により出勤者数の削減、
  接触機会の低減の取組を推進すること。
 
  ≪飲食店≫
 ・営業時間5時~20時(酒類の提供禁止)
 ・ただし、「にいがた安心なお店応援プロジェクト認証店」は、
  営業時間5時~21時(酒類の提供は20時まで)を選択可能 
  ※いずれも協力金の支給あり。同一グループの同一テーブルでの会食は4人以内。
  ※ワクチン・検査パッケージ制度の適用、対象者全員検査の実施による
  人数制限の緩和は行わない。
 
  ≪イベント≫
  感染防止安全計画を策定したイベントについても、人数上限は20,000人。
  ※ワクチン・検査パッケージ制度の適用、対象者全員検査の実施による収容定員までの緩和は行わない。
 
  ≪大規模集客施設(1,000平方メートル超)≫
  人と人との接触機会の低減などを図るため、入場をする者の整理、マスクの着用の周知、アクリル板等の設置などの感染防止対策を要請。
 
  ≪県立学校≫
 ・部活動は平日のみ90分程度とすること。
 ・大会への参加は、全国大会、ブロック単位の大会及びその予選会に限る。
 ・大会に参加する場合は、その前後にPCR検査等を実施すること。
 
  ≪県立施設≫
 入場者の整理などの感染防止対策を徹底した上で運営する。
 期間中に開催される大人数が集まるイベントの新規予約は停止する。


5.感染不安を感じる県民への無料検査の期間延長について
 
 令和4年1月19日、本県に「まん延防止等重点措置」の適用が決定されたことを受け、感染不安を感じる県民を対象とした無料検査の実施期間を延長します。

(1)内容
   感染不安を感じている県民が検査を受けられるよう、無料検査の対象を拡大する
  (新型インフルエンザ等対策特別措置法第24条第9項)
(2)区域 新潟県全域
(3)期間 令和4年2月13日まで
(4)対象者
   ワクチン接種の有無に関わらず、新型コロナウイルス感染症の症状がなく、
   感染リスク等が高い環境にあるなどの理由により、感染に不安を感じる者。
(5)検査場所 新潟県ワクチン・検査パッケージ等検査所

令和4年1月19日
新潟県知事 花角 英世

詳しくはこちら

【警報に伴うお願い】
 全国的にオミクロン株による感染急拡大が起きている中、昨日(1月7日)本県初となるオミクロン株の感染者が確認されました。
 ここ数日、県内の新規感染者が急速に増加していることを踏まえ、本日(1月8日)県独自の警報を発令します。(国基準はレベル2に移行)
 今後、県内においてもオミクロン株による急速な感染の拡大が懸念されることから、常に感染している可能性を考え、基本的な感染対策を徹底(手洗い・手指消毒、3密回避、マスク着用)していただくとともに、以下のとおりお願いします。

【感染拡大防止のため守っていただきたいこと】

1 体調に合わせた行動の徹底
体調不良を感じたら・・・不要な外出をしない、人の集まるところに行かない、イベント・飲み会に参加しない。

2 検査の徹底
大人数のイベント・飲み会等の前に検査を受ける。
県外から来県される際は、事前に居住地で検査を受ける。

 ◆無症状の方(令和4年1月31日まで無料)
 (1)新潟県ワクチン・検査パッケージ検査所で受検
 (2)ウエルシア薬局・ツルハドラッグ等の民間薬局で受検

 ◆有症状の方(無料)
 かかりつけ医または受診・相談センターに電話。
 新潟県新型コロナ受診・相談センター 電話 025-256-8275(毎日24時間対応)

3 飲食を伴う会合は慎重に
他県の方など、普段顔を合わせない方との飲み会は控えてください。
その他の飲み会は、以下の点に注意をしてください。
 ・人数をできる限り絞る。形式を工夫する
 ・着座(立食・席移動は控える)
 ・お酌はNG。定員50%以下(座席も離して)
 ・短時間で行う
※にいがた安心なお店応援プロジェクト認証店など、感染防止対策が徹底された店舗を利用しましょう!

4 まん延防止等重点措置が適用されている他都道府県との往来は慎重に


令和4年1月8日
新潟県知事 花角 英世


詳しくはこちら

【警報に伴うお願い】
 
県民の皆様、事業者の皆様の御協力により感染状況が改善したため、全県を対象に発令していた特別警報は、9月16日をもって解除します。皆様の御協力に感謝いたします。
 しかしながら、地域によって感染者が一定程度確認されていることや、変異ウイルスにより、短期的な感染の再拡大(リバウンド)を警戒する必要があることから、引き続き感染状況を注視し、リバウンドの恐れがある場合には、再度、特別警報を発令するなどの対策を速やかに講じてまいります。
 


【感染拡大防止のために守っていただきたいこと】
~マスク着用、手指の消毒等の基本的対策は引き続き徹底~
1、緊急事態宣言及びまん延防止等重点措置適用都道府県との往来は極力控えてください。
  その他の都道府県との往来でも、飲み会や接待を伴う飲食は控え、帰県後も慎重な行動を。
2、飲食を伴う会合は慎重に。
  他県の方など、普段顔を合わせない方との飲み会については控えてください。
  その他の飲み会は、以下の点に注意をしてください。
  ・体調が悪い場合は参加しない。症状消失後も2日は参加しない。
  ・人数をできる限り絞る形式を工夫する。着座(立食・席移動は控える)
  ・お酌はNG
  ・定員50%以下(座席も離して)
  ・短時間で行う。
  ※にいがた安心なお店応援プロジェクト認証店など、感染防止対策が徹底された店舗を利用しましょう。

【感染拡大防止のために知っていただきたいこと】
1、若い世代の感染者の増加
  ・50代以下の感染割合が増加(特に20代が最多)
  ・東京では50代以下重症者が増加、20代でも発生。
  ⇒感染を自分ごととして捉え感染予防徹底を
2、ワクチン接種の重要性
  ・ワクチンは、感染予防、発症予防、重症化予防の3つの効果が期待できます。
  ・高齢者の感染が減少しているのは、ワクチンの効果が現れていると考えられます。
  ⇒感染のリスク、重症化のリスクを考慮し、ぜひワクチン接種をお願いします。
  ⇒ワクチン接種による感染予防は100%ではないため、ワクチン接種後もマスク・手指の消毒など基本的感染防止対策の徹底をお願いします。
 体調が悪いと感じたら、受診・検査を徹底してください。

 【新型コロナ受診・相談センター窓口】電話025-256-8275
 毎日24時間対応(土日・祝日含む)

 

令和3年9月14日
新潟県知事 花角 英世

 

詳しくはこちら

【特別警報の発令(新潟県全域)】
県内全域(全市町村)を対象として、次の対策を実施します。


【酒類を提供する飲食店等への営業時間短縮の要請】
新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた営業時間短縮の協力要請
(新型インフルエンザ等対策特別措置法第24条第9項に基づく営業時間短縮の協力要請)

1、対象期間
令和3年9月3日(金曜日)から令和3年9月16日(木曜日)まで
※感染状況によっては期間を変更することもあり得る
 既に要請中の新潟市、長岡市、小千谷市は令和3年9月7日(火曜日)から9月16日(木曜日)まで
2、対象施設
食品衛生法上の営業許可を取得している以下の施設
(1)接待を伴う飲食店
※風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律第2条第1項第1号に該当する営業を行う店舗
(2)酒類を提供する飲食店(カラオケ店等を含む)
3、対象区域
県内全域(全市町村)
4、要請内容
にいがた安心なお店応援プロジェクト認証飲食店以外:午前5時から午後8時までの時間短縮営業(酒類の提供は午後7時までに限る)
にいがた安心なお店応援プロジェクト認証飲食店(申請中を含む):午前5時から午後9時までの時間短縮営業(酒類の提供は午後8時までに限る)


令和3年8月30日
新潟県知事 花角 英世


詳しくはこちら

【特別警報の発令(新潟市、長岡市、小千谷市)】
新潟市、長岡市、小千谷市を対象として、次の対策を実施します。


【酒類を提供する飲食店等への営業時間短縮の要請】
新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた営業時間短縮の協力要請
(新型インフルエンザ等対策特別措置法第24条第9項に基づく営業時間短縮の協力要請)


1、対象期間
令和3年8月24日(火曜日)から令和3年9月6日(月曜日)まで
※感染状況によっては期間を変更することもあり得る
2、対象施設
食品衛生法上の営業許可を取得している以下の施設
(1)接待を伴う飲食店
※風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律第2条第1項第1号に該当する営業を行う店舗
(2)酒類を提供する飲食店(カラオケ店等を含む)
3、対象区域
新潟市、長岡市、小千谷市
4、要請内容
にいがた安心なお店応援プロジェクト認証飲食店以外:午前5時から午後8時までの時間短縮営業(酒類の提供は午後7時までに限る)
にいがた安心なお店応援プロジェクト認証飲食店(申請中を含む):午前5時から午後9時までの時間短縮営業(酒類の提供は午後8時までに限る)


令和3年8月20日
新潟県知事 花角 英世
詳しくはこちら

【特別警報の発令(新潟市)】

新潟市を対象に特別警報を発令し、次の対策を実施します。 

【酒類を提供する飲食店等への営業時間短縮の要請】
新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向け、営業時間短縮の協力を要請します。
(新型インフルエンザ等対策特別措置法第24条第9項に基づく営業時間短縮の協力要請)

1.対象期間
 令和3年8月10日(火曜日)から令和3年8月23日(月曜日)まで
  ※感染状況によっては期間を延長することもあり得る
2.対象施設
 食品衛生法上の営業許可を取得している次の施設
  (1)接待を伴う飲食店
   ※風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律第2条第1項第1号に該当する営業を行う店舗
  (2)酒類を提供する飲食店(カラオケ店等を含む)
3.対象区域
 新潟市全域
4.要請内容
 にいがた安心なお店応援プロジェクト認証飲食店以外:午前5時から午後8時までの時間短縮営業(酒類の提供は午後7時までに限る)
 にいがた安心なお店応援プロジェクト認証飲食店(申請中を含む):午前5時から午後9時までの時間短縮営業(酒類の提供は午後8時までに限る)

令和3年8月5日
新潟県知事 花角 英世

詳しくはこちら

【警報発令に伴うお願い】

 県民の皆様、事業者の皆様の感染拡大防止へのご協力に感謝いたします。
新規感染者数の増加、直近の感染状況を踏まえ、守っていただきたいこと、知っていただきたいことを整理しました。

【感染拡大防止のために守っていただきたいこと】
~マスク着用、手指の消毒等の基本的対策は引き続き徹底~

1. 緊急事態宣言及びまん延防止等重点措置適用都道府県との往来は慎重に
 ・県外と往来しなければならない場合は、飲み会や接待を伴う飲食は控える。
 ・帰県後も感染の可能性を考え慎重な行動を。

2. 飲食を伴う会合では感染防止対策を徹底
 ・他県の方など、普段顔を合わせない方との飲み会については慎重に判断。

【感染拡大防止のために知っていただきたいこと】

1. 若い世代の感染者の増加
 ※50代以下の感染割合が増加(特に20代が最多)。
 ※東京では50代以下重症者が増加、20代でも発生。
  ⇒ 感染を自分ごととして捉え感染予防徹底を。

2. ワクチン接種の重要性
 ※ワクチンは、感染予防、発症予防、重症化予防の3つの効果が期待できます。
 ※高齢者の感染が減少しているのは、ワクチンの効果が現れていると考えられます。
  ⇒ 感染のリスク、重症化のリスクを考慮し、ぜひワクチン接種をお願いします。

【県内感染状況と注意報・警報の基準について】
 県内感染状況と注意報・警報の基準については現在見直しの途上であり、警報が出ている途中であっても、見直された新たな基準に基づいて対応を行うことも十分考えられます。


【県民向け宿泊割引及び新潟県Go To Eat プレミアム付き食事券の取り扱いについて】
 県民向け宿泊割引やGo To Eatプレミアム付き食事券等の需要喚起策については、継続します。

令和3年7月16日
新潟県知事 花角 英世

詳しくはこちら

【特別警報の発令(長岡市)】

長岡市を対象に特別警報を発令し、以下の対策を実施します。
1. 時短要請の実施
2. 飲食店における感染防止対策徹底のための見回り活動の実施
3. 飲食店関係者に対するPCR検査の強化

 

【家庭内や職場での感染防止のお願い】

感染拡大を防止するため、家庭内や職場での感染防止対策の徹底を改めてお願いします。
・直近で多数の感染者が確認されている長岡市、三条市、燕市、十日町市、南魚沼市では、特にご注意ください。
・家庭内や職場での感染防止の徹底。食事の前や帰宅後など適切なタイミングで手洗い・アルコール消毒を忘れずに行いましょう。
・職場での飲食(特にランチ)は別々に、または黙食!
・食後はマスク徹底。職場の休憩所では会話は短時間
・マスク徹底、共有物は消毒を。喫煙所での密は避けて、会話は控えましょう。
・家族の中に発熱等の症状のある方がいる場合、次の対策をお願いします。
・食事はなるべく別々に(一緒にとる場合、手指消毒して最初に個別に取り分ける)
・ドアノブなど共有物を消毒しましょう。
・普段と比べて体調が悪い(発熱、咳、呼吸器症状、のどの痛み)と感じたら、すぐ受診するようにしましょう。

 

【新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた営業時間短縮の協力要請について】

新型インフルエンザ等対策特別措置法第24条第9項に基づく営業時間短縮の協力要請
1. 対象期間
 令和3年5月17日(月曜日)から令和3年5月31日(月曜日)まで
 (ただし、感染状況によっては期間を延長することもあり得る)
2. 対象施設
 食品衛生法上の営業許可を取得している以下の施設
 (1)接待を伴う飲食店
  ※風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律
   第2条第1項第1号に該当する営業を行う店舗
 (2)酒類を提供する飲食店(カラオケ店等を含む)
3. 対象区域
  長岡市全域
4. 要請内容
  午前5時から午後9時までの時間短縮営業(酒類の提供は午後8時までに限る)

令和3年5月12日
新潟県知事 花角 英世

詳しくはこちら

 日頃、新型コロナウイルス感染症拡大防止のために様々なご協力を頂き心から感謝申し上げます。

 さて、政府は、4月5日から宮城県等に蔓延防止等重点措置を適用し、4月25日からは東京都や大阪府など4都府県に緊急事態宣言を発令しました。
 変異株の感染者の増加や病床のひっ迫など、全国的に予断を許さない状況となっており、本県の感染状況も高止まりが続いています。このような状況のなか、大型連休を迎え、本県と新潟市、そして東北の6県と仙台市が共同で、「東北・新潟共同メッセージ」を発出します。県民の皆様には次の二点について改めてご協力をお願いします。
 

 一つめは、県境をまたぐ移動の自粛等についてです。緊急事態宣言対象都府県やまん延防止等重点措置区域との往来は、極力控えていただくようお願いします。それ以外の地域についても、県境等をまたぐ往来については、慎重な判断をお願いします。また、オンライン帰省やテレワークなども積極的に活用をお願いします。

 二つめは、基本的な感染防止対策の徹底についてです。マスクの正しい着用、こまめな手洗い、消毒、「三密」を避けるなどの基本的な感染防止対策の徹底を改めてお願いします。飲食店を利用する場合は、感染防止対策が講じられているお店を利用していただくとともに、人数を絞り短時間の利用とすることや、会話の際のマスク着用の徹底をお願いします。飲食店におかれましては、座席配置の工夫やアクリル板の設置など業種別ガイドライン等に基づく感染防止対策を徹底していただくよう引き続きお願いします。

 県民の皆様には、既に様々なお願いをしているなかではありますが、東北・新潟が一丸となって、新型コロナウイルス感染症の終息に向けて取り組んでまいりましょう。皆様のご協力をよろしくお願いします。

 

令和3年4月26日

新潟県知事 花角 英世

【特別警報の発令(新潟市)】

新潟市を対象に特別警報を発令し、以下の対策を実施します。
1、時短要請の実施
2、飲食店における感染防止対策徹底のための見回り活動の実施
3、繁華街等におけるPCR検査の実施


【警報継続に伴うお願い】

県内の感染拡大防止のため、
守っていただきたいことを次のとおり整理しました。
~マスク、手指の消毒等の感染拡大防止対策を引き続き徹底~

1.他都道府県との往来について
(1)まん延防止等重点措置が適用された他都道府県との往来は慎重に検討する。
(2)上記都道府県及び緊急事態宣言が発令されていた都道府県との往来は次のことに注意。
  ・県外での飲み会・接待を伴う飲食は慎重に。
  ・往来後に体調が悪いと感じたら、受診・検査を徹底。

2.飲食を伴う会合について
・飲食を伴う会合についてを実施する際は、感染防止対策を徹底。
・体調が悪い場合は参加しない。(症状消失後も2日は参加しない)
・人数を抑える。
・形式を工夫(短時間、着座、定員50%以下、お酌NG等)
・事業者は店舗に県の「新型コロナお知らせシステム」導入を。
・会合後に体調が悪いと感じたら、受診・検査を徹底。

3.新潟県にお越しの方へのお願い。
 転勤等で県外から本県にお越しの際は、以下の点にご注意ください。

【移動前1週間程度】
懇親会、飲み会、多人数飲食は控えましょう。
感染リスクが高まる「5つの場面」をご家族全員で避け、
「新しい生活様式」を徹底していただきますようお願いします。

【移動2日前~移動当日】
発熱等に注意!受診徹底と来県延期を!
ご家族に発熱等の有症状者がいる場合は、移動を延期いただきますようお願いします。
(症状消失後も2日間は移動しない)

【移動後1週間程度】
感染の可能性を考えて静かに過ごしましょう。
来県後も健康観察を行っていただき、
感染の可能性を考えて「新しい生活様式」を徹底いただくとともに、会合等により人と会うのをできるだけ避けるなど、静かにお過ごしください。

 

令和3年4月16日
新潟県知事 花角 英世

詳しくはこちら

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ