ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > まちづくり・地域づくり > 地域づくり > > 県央マイスター活動アルバム

本文

県央マイスター活動アルバム

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0124785 更新日:2021年9月24日更新

新津工業高校工業マイスター科の生徒への和釘鍛冶体験を指導
新津工業高校工業マイスター科の生徒への和釘鍛冶体験を指導【平成29年7月11日】

にいがた県央マイスターが行っているマイスター塾以外のPR活動や技術伝承活動をご紹介します。

令和3年度の活動

県小学生陸上大会の上位入賞者に贈る盾を製作

 斉藤新一郎マイスター石田宣一マイスター高橋弥一マイスターの3人が協力して、10月24日に開催予定の「第11回新潟県小学生陸上競技選手権大会」で各種目の1~3位の入賞者に贈る楯を作成しました。

 この楯は、中央部にピカピカのメダルを張り付けたケヤキ製、本漆仕上げとなっており、県央地域の伝統産業を支える「木工・金工・漆工」の三つの技術を合わせて製作したものです。

 高橋弥一マイスターによれば、「頑張った小学生にとって忘れられない記念となり、また、ものづくりへの関心を高めてもらうきっかけになれば」との思いで製作したとのことです。

陸上大会盾

「就労移行支援事業所 くろふね」で今井道雄マイスターが講演(8月31日)

 令和3年8月31日、NPO法人 幕明けプロジェクトが運営している「就労移行支援事業所 くろふね」で、今井道雄マイスターが、「製造業とは」と題して講演しました。

 この事業所は、知的障がい者や発達障がい者への就労支援を行っており、その教育カリキュラムの一環として、今井道雄マイスターが、製造業の仕事について、自身の苦労話や体験談を交えて受講生に講演しました。

 講演のほか、受講生が持参したコインを自分で研磨する作業を体験してもらい、ピカピカに生まれ変わったコインを見て、手仕事の楽しさを実感されていた様子でした。 

今井マイスター講演写真

           今井道雄マイスターによる講演の様子  

今井マイスター講演写真

          受講生によるコイン研磨体験の様子

 

 

にいがた県央マイスター制度のページへ

 

平成28年度から令和2年度の活動

 

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ