ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 新潟県警察について > 鉄道警察隊について > 鉄道警察隊からのお願い

本文

鉄道警察隊からのお願い

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0016746 更新日:2020年9月23日更新

壊す行為は犯罪です!

最近、新潟県内の無人駅において駅舎施設が壊される事件が発生しています。駅や鉄道施設を壊すなどの行為を見た方は110番通報をお願いします。
また小さな情報でも結構ですので、ご存じの方は最寄りの警察署、交番、駐在所等まで情報をお寄せください。

~泣き寝入りせず、勇気を出して届出を~

ひとりで悩まないでまずは相談を
これからの時期、女性が軽装になると、列車内での痴漢が増加します。被害に遭った人は勇気を出してご相談ください。
また、痴漢行為を見た人は通報をお願いします。
鉄道警察隊では女性警察官が届出に対応しますので一人で悩まずに相談においでください。

お願い!

踏切上での事故は、取り返しのつかない大きな事故になります。踏切では、一時停止しての安全確認等ルールを守って通行しましょう。
線路上では、

  • 線路の上に置き石をする行為
  • 何もないのに踏切の非常ボタンを押す行為

はやめましょう。

「すり」はあなたをねらっている!

電車内では、すりや置引きの犯人があなたの大切な財産をねらっていますので、油断をしてはいけません。
「あっ、やられた」とならないよう、被害に遭わないための方法などを紹介します。
 
すり、置引き犯人の主な手口です。
・ 混雑を利用して、押し合いながら服のポケットやバッグなどから財布を盗む。
・ 荷物から目を離したスキに盗む。
・ 電車内や駅のベンチで寝ている間に盗む。
・ 座席で寝ている時やトイレ、電話などで席を離れたスキに盗む。
・ 帽子掛け(電車の窓の横にあるフック)に掛けておいた服のポケットから盗む。
 
被害に遭わないための主な方法です。
・ バッグはチャックやボタンを確実にかけ、財布は外から見えないようにしましょう。
・ 電車内で座席を離れるときは、貴重品も持って歩きましょう。
・ 電車内では、財布や貴重品をむやみに見せないようにしましょう。
・ 座席で寝るときや服を帽子掛けに掛けるときは、貴重品は身につけておきましょう。
・ 網棚に置いた荷物もねらわれます。目を離さないようにしましょう。