ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

鉄道警察隊の紹介

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0016744 更新日:2020年9月23日更新

鉄道警察隊の始まり

 昭和25年に日本国有鉄道「国鉄」に設置された鉄道公安制度が、「国鉄の民営化」に伴って昭和62年3月31日に廃止され、同年4月1日、各都道府県警察に鉄道警察隊が設置されました。 ひかるくん 敬礼

鉄道警察隊の任務

 鉄道警察隊では、列車・駅構内などの鉄道施設内において、乗客の安全と安心を確保するため、
  • 列車警乗による、すり・置引き・痴漢などの犯罪の予防や検挙
  • 駅構内や鉄道路線のパトロール・地理案内
  • 朝夕等ラッシュ時の警戒警備
などが主な仕事です。
ひかりちゃん 警ら


ばんえつ物語        鉄道警察隊

活動の様子

警乗(けいじょう)

 「警乗」とは、列車に乗ってパトロールすることで、私たち鉄道警察隊員の最も基本的な活動です。
警乗   警乗   警乗

警ら(けいら)

 「警ら」とは、パトロールのことで、常に駅構内等を見回っています。
警ら   警ら   警ら

立番(りつばん)

 駅構内において、「警戒警備」をしています。
立番   立番

 

 このほかに、

  • 鉄道事故は人命にかかわる重大事故に発展することが多いため、特に列車と自動車の交差する踏切での安全指導
  • 市内の高校や鉄道会社の女性社員に対しての、「いざというときのための護身術講習」

などにも力を入れています。

また、女性警察官が電車内の痴漢の相談にも応じています。


踏切での安全指導     護身術指導