ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 冬山情報(越後駒ヶ岳)

本文

冬山情報(越後駒ヶ岳)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0014713 更新日:2020年9月23日更新

登山計画書の様式へ

越後駒ヶ岳   2,003m   小出署管内    冬季間の入山口は、駒ノ湯~小倉尾根経由のコースと群界尾根~駒の小屋コースがありますが、いずれも深いラッセルと、雪崩、雪庇崩落、吹雪による視界不良、滑落等多くの危険があります。
 冬季の越後三山は、ひとたび天候が崩れれば吹雪の日が続き、雪崩、雪庇崩落、滑落等の危険があります。また、道標は雪に埋もれて確認出来ないことがありますので、無雪期にコースを熟知し、かつ、経験豊富なリーダーの下で余裕ある計画を立てて行動することが必要です。
遭難事例
 平成24年12月、1泊2日の日程で入山した3人パーティーが、大雪により下山予定日を過ぎても下山できず、最終的に捜索隊により保護される事案が発生しております。新潟県は豪雪地帯であるという認識が必要です。