ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 新潟県環境ポータルサイト「環境にいがた」 > 計画段階環境配慮書に対する意見について

本文

計画段階環境配慮書に対する意見について

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0443622 更新日:2021年11月18日更新

株式会社大林組
 取締役社長 蓮輪 賢治 様


新潟県知事 花角 英世
                                                                         
                                                                        

 計画段階環境配慮書に対する意見について(通知)

 

 令和3年9月30日付けで送付のあった「(仮称)新潟県村上市・胎内市沖洋上風力発電事業 計画段階環境配慮書」について、環境影響評価法第3条の7に基づく主務省令※第14条第3項の規定により、環境保全の見地からの意見を別紙のとおり述べます。
 なお、別添の関係市町長の意見についても十分配慮してください。

 

※発電所の設置又は変更の工事の事業に係る計画段階配慮事項の選定並びに当該計画段階配慮事項に係る調査、予測及び評価の手法に関する指針、環境影響評価の項目並びに当該項目に係る調査、予測及び評価を合理的に行うための手法を選定するための指針並びに環境の保全のための措置に関する指針等を定める省令(平成10年6月12日通商産業省令第54号)

 

 

 

(仮称)新潟県村上市・胎内市沖洋上風力発電事業 環境影響評価手続き経緯

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ