ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 県政情報 > 県の仕事と組織・付属機関 > 魚沼地域振興局 健康福祉部(魚沼保健所) > 【魚沼圏域】2月27日(土曜日)「プロジェクト8のつどい」を開催しました

本文

【魚沼圏域】2月27日(土曜日)「プロジェクト8のつどい」を開催しました

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0282552 更新日:2021年3月23日更新

 魚沼圏域(3市2町)では、平成25年3月から新潟県地域保健医療計画において「HbA1c(ヘモグロビン・エー・ワン・シー)8%以上の患者数の減少」を重点取組の一つに掲げて、医療関係者が「プロジェクト8(エイト)」と呼ばれる糖尿病対策を推進しています。
 今年度も、この取組の内容について学ぶ「プロジェクト8のつどい」を魚沼市小出ボランティアセンターで開催し、働き盛り世代の方々や企業の経営者等の職域関係者31人が参加しました。(共催:一般社団法人魚沼ものづくり振興協議会、魚沼地域糖尿病対策推進会議、魚沼市立小出病院、魚沼市、新潟県栄養士会魚沼支部)

 

日時 令和3年2月27日(土曜日) 午前9時30分から11時35分
会場 魚沼市小出ボランティアセンター
内容 ・講話「健康づくりとプロジェクト8~働き盛り世代に向けた健康に関する情報~」
     魚沼地域糖尿病対策推進会議会長 (上村医院院長) 上村 伯人 氏
    ・運動実践「新しい生活様式を実践-今日から取り組むからだづくり-」
     NPO法人エンジョイスポーツクラブ魚沼 クラブマネージャー (健康運動指導士) 星 俊寛 氏
    ・講義「働き盛り世代に向けたランチのポイント」
     魚沼市立小出病院栄養課 (管理栄養士) 野﨑 彰子 氏
    ・説明「テイクアウトでからだにやさしいお弁当」
     新潟県栄養士会魚沼支部 (管理栄養士) 千喜良 たまき 氏
     健康づくり支援店 割烹おがわ 店主 小川 正史 氏
     など

「プロジェクト8」は、健康寿命の延伸につながる地域の合い言葉

 上村先生からは、事業主や健康管理担当者に向けた内容の講話をしていただきました。
 「健康経営と健康投資」など働き盛り世代に向けた取組の重要性を取り上げ、生活習慣病の中でも特に様々な疾患と関連が深い高血圧や糖尿病の実態、そして糖尿病の発症予防に関する食事と運動について紹介していただきました。また、正しい健康情報をいかに入手するかを具体的な例を交えて教えていただきました。

 星先生からは、講義と実技を指導していただきました。その中で、地域の教室では、新しい生活様式を取り入れたことによって今まで以上に運動に集中し、より健康に対する意識が高まっているとの報告がありました。
 野﨑先生からは、一日の食事の中でも重要な役割を果たしている昼食の取り方として、配達弁当やコンビニを上手に活用する方法などについて教えていただきました。

 

上村先生運動実践栄養全体

テイクアウトでからだにやさしいお弁当

 運動実践と栄養の話の後に、「うおぬまヘルシー弁当」について、メニューを作成した新潟県栄養士会魚沼支部の千喜良管理栄養士と魚沼市内の健康づくり支援店登録店舗「割烹おがわ」さんから、ポイントについて説明していただきました。
 千喜良管理栄養士からは、お弁当の栄養価について説明があり、減塩の工夫や簡単にできる野菜料理について紹介していただきました。
 「割烹おがわ」さんからは、これまで店舗で提供していた唐揚げ弁当の内容をベースにして、今回の内容を考えたことをご紹介いただき、御自身の健康についても考えるようになったと報告がありました。
 なお、このお弁当は、参加者に持ち帰って試食していただきました。

管理栄養士 健康づくり支援店おがわのヘルシー弁当
「割烹おがわ」さんでは、「うおぬまヘルシー弁当」は注文に応じて販売するとのことです。

うおぬまヘルシー弁当 [PDFファイル/332KB]

かんたん野菜たっぷりレシピ [PDFファイル/279KB]

 

 最後に、魚沼市健康増進課から、市が主催する健康づくり講座について紹介がありました。

 

 後日、参加者の皆さんからアンケートに御協力いただき、今後取り組みたいことやお弁当を食べての感想等について報告していただきました(抜粋)

  • 上村先生の話は聞きやすくわかりやすかった。
  • 運動実技等で仕事中のストレッチ、腰痛体操等に取り組みたい。
  • 毎日何かしら少しでも良いので運動する。
  • 健康づくり講座を利用したい。
  • まずは1種類副菜を増やして単品にならないように気をつけたい。
  • コロナ禍で人との交流も限りなく減ってしまって参加するのも抵抗がありましたが、この取組は大切なことだと感じました。ぜひ続けて欲しいです。
    (お弁当を食べての感想)
  • 味付けにメリハリがあり、ボリュームもあって良かった。
  • 薄味には感じず、色々な品目が取れて良かった。

 

 今後も「プロジェクト8」の取組を魚沼圏域の各地で実施し、糖尿病発症及び重症化予防につながるよう取組を進めていきます。

 

 

関連リンク

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ