ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 観光・文化・スポーツ > 観光 > 南魚沼・湯沢の魅力 > 【南魚沼・湯沢の魅力】裏巻機渓谷(うらまきはたけいこく)

本文

【南魚沼・湯沢の魅力】裏巻機渓谷(うらまきはたけいこく)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0123533 更新日:2020年12月8日更新

裏巻機渓谷、夫婦滝の画像

日本百名山のひとつ巻機山の北面を源流域とする五十沢川によって創り出された、延長6kmにもおよぶ渓谷美を誇る「裏巻機渓谷」について紹介します。

裏巻機トレッキングコース

みやて小屋お画像
みやて小屋

裏巻機の画像
高倉

高さ数100mの絶壁が屏風のようにそそり立つ裏巻機山渓谷。その岩肌と樹木は四季折々に美しいコントラストを描きます。

渓谷沿いには、片道およそ2.5kmのトレッキングコースがあり、多くの滝や巨大な岩、山野草などを楽しむことができます。

渓谷へ入山するには、五十沢キャンプ場の入り口にある「森のきりん館」で受付をし、環境保全協力費を支払います。
キャンプ場から2kmほど進むと、「みやて小屋」に到着します。ここに車を停めてトレッキングスタートです。

※天竺の里は平成29年11月30日をもって閉鎖しました。

※平成23年の水害で崩壊箇所が多数あります。また、トレッキングコースには道幅が狭いところや、滑りやすいところなど危険箇所があるため、十分注意してください。沢を渡る所もあるのでトレッキングできる服装が必要です。

※冬期は裏巻機渓谷に向かう林道が閉鎖となるため、裏巻機渓谷に行くことはできません。
【問い合わせ先】五十沢キャンプ場  025-774-2142
 五十沢キャンプ場公式ホームページ<外部リンク>

割石沢(わりいしさわ)

コースは「みやて小屋」から「取水口」までの片道約2.5kmのコースです。
五十沢キャンプ場で配布されているパンフレットでは、片道約1時間となっています。

割石沢の画像
割石沢

裏巻機渓谷のトレッキングコースの最初の通過点の「割石沢」はスタート地点の「みやて小屋」からおよそ7分で着きます。ここまでは比較的穏やかな道のりで、ブナや広葉樹、山野草を楽しむことができます。

割石沢の画像
岩の間を流れる水

トレッキングコースを歩いていると、かすかに聞こえていた水の音が少しずつ大きくなっていきます。
林道を抜けると景色が一変、大きく切り込みの入った岩山と岩の間を流れる「割石沢」が見えてきます。
割石沢からの絶景につい目を奪われてしまいますが、ここからは危険な箇所も多くあるため、注意しながら進みましょう。

不治心得の岩(ふじこころえのいわ)

岩を削って作られた山道の画像
この遊歩道は昭和21年に完成した永松発電所の水源確保のため、岩を削って作られました。

不治心得の岩
不治心得の岩

「不治心得の岩」は、先ほどの「割石沢」から約10分で着きます。
大きく突き出した岩が特徴で、昔、山で働いていた人たちは悪天候の時などに利用していたそうです。

坪池沢・大ヒド沢・小滝沢

途中何度か沢を渡ります。雨が降ると沢が急激に増水し、渡ることができなくなることもあります。
雨が降ったら無理をせず、早めに引き返しましょう。

坪池沢の画像

大ヒド沢前の階段の画像

大ヒド沢付近の岩の画像

不動滝(ふどうたき)

トレッキングルートから少し外れ、約50メートル程下ったところに裏巻機渓谷で一番大きな「不動滝」があります。

不動滝の画像

不動滝の画像
不動滝
周りを岩に囲まれ、高さ30メートルから強く流れ落ちる滝からはパワーを肌で感じることができます。

また、不動滝は滝壺へ入ることができます。暑い夏は、滝壺に足を踏み入れて涼しさを感じてみてはいかがでしょうか。

不動滝滝壺の画像
マイナスイオンでリフレッシュ

不動滝からトレッキングルートへ

不動滝からトレッキングルートへ戻るルート。やや険しい道です。

夫婦滝

不動滝からトレッキングルートに戻り、夫婦滝を目指します。

コースから谷を覗いた画像
夫婦滝への道は遊歩道も険しさを増しますが、5分程歩くと眼下に見下ろすことができます。

夫婦滝の画像
寄り添って流れる夫婦滝

夫婦滝は、渓谷が厳しいV字で、滝壺まで行くことはできませんが、とても美しい滝です。
大きな落差と豊かな水量の滝が夫婦の様に寄り添っています。

歩くことに集中しすぎると、滝を見逃してしまうこともありますが、歩きながら滝を楽しむことは危険ですので、滝を見るときは立ち止まって、ゆっくりと眺めましょう!

岩をくぐる山道の画像
こんな所も!

取水口(しゅすいぐち)

夫婦滝付近から、崖にへばりつくような道を恐る恐る10分程歩くとトレッキングコースの終点「取水口」にたどり着きます。

取水口付近では、水と小石により長い年月の間にできた、なめらかで大きな岩のくぼみ「ポットホール」(甌穴)をいくつも見ることができます。
ポットホールの画像
ポットホール(甌穴)

取水口付近の画像

取水口から上流を眺めると、すばらしい峡谷を見ることができます。

 

紅葉時の景色 紅葉と岩肌のコントラストの画像
紅葉時の景色 紅葉と岩肌のコントラストが見事です。

紅葉時の景色の画像
紅葉時の景色

アクセスなど

  • 所在地:南魚沼市永松
  • アクセス:関越自動車道六日町ICから車で約30分
         JR上越線六日町駅から車で約30分
  • 駐車場:みやて小屋前に20台 
  • 利用料金:環境保全協力費 大人300円、子ども200円

地図で南魚沼の渓流・渓谷・河川公園を表示<外部リンク>

問い合わせ先

五十沢キャンプ場管理組合 電話025-774-2142

 

補足事項
掲載内容については正確を期すよう努めていますが、掲載誤りや不十分な点がある場合があります。
ご利用の詳細につきましては直接、施設管理者(上記問い合わせ先)へお問い合わせください。

変更履歴
掲載日:2013年8月23日
最終更新日:2020年12月7日

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ

雪と旅+大地の芸術祭 デジタルパンフレット「Yukiguni Trip}

雪国 FOOD STORY

新潟※プロジェクト<外部リンク>

新潟のつかいかたへのリンクバナー<外部リンク>

にいがた観光ナビへのリンクバナー<外部リンク>

南魚沼市観光協会へのリンクバナー<外部リンク>

湯沢町観光協会へのリンクバナー<外部リンク>

雪国観光圏へのリンクバナー<外部リンク>