ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 観光・文化・スポーツ > 観光 > 南魚沼・湯沢の魅力 > 【南魚沼・湯沢の魅力】苗場インデペンデンス・ボードウォーク

本文

【南魚沼・湯沢の魅力】苗場インデペンデンス・ボードウォーク

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0123485 更新日:2020年7月3日更新

季節を問わず楽しめる「苗場インデペンデンス・ボードウォーク」をご紹介します。

「苗場」というと冬に行くところ!という印象をお持ちの方が多いのではないでしょうか?
いまや苗場には、冬以外にも「行ってみたい」と思わせるところは多いのです。その一つが、この「インデペンデンス・ボードウォーク」です。

日本一長いインデペンデンス・ボードウォーク

日帰り駐車場近くの入り口の画像
日帰り駐車場近くの入り口

「ボードウォーク」を一言で言えば、森林を縫うように1.7kmほど続く木道です。でも尾瀬の木道のように人がすれ違うのもやっと、といった幅の狭い木道ではありません。車いすでも十分に通行できる幅2mほどの木道です。
時折、脇を流れる渓流の水の音をBGMにしながら、森林浴を楽しんでみませんか。

さぁ、ボードウォーキングの始まりです

国道17号近くの案内看板の画像
国道17号近くの案内看板

越後湯沢駅からバスや車で40分ほど国道17号を上ったところに「ボードウォーク」の入口はあります。この看板を目印にしてLet's go!

ここには全長1.7kmほどのボードウォークが整備され、日々成長しています。
さて「日々成長する」とはどのような意味なのでしょうか?それではその答えを探すべくボードウォークが何でできているかを見てみましょう。下の写真をご覧下さい。

ボードウォークになるのを待つ「木(ボード)」の画像
ボードウォークになるのを待つ「木(ボード)」

ボードウォークは、板状の材木1枚1枚をつなぎ合わせて作られています。
そして、その1枚1枚が苗場を訪れる人々からの1本1,000円の寄付からなりたっているのです。
このボードには、寄付をした方がメッセージを残すこともできます。皆さんも苗場を訪れた思い出にメッセージを残してみませんか。
冬のスキー場で出会ったカップルが思い出に残したり、夏のロックフェスティバルに訪れた思い出を残したりしているかもしれません。フェスティバルに出演したアーティストの中にも、メッセージを残している方がいます。

このように、皆からの寄付で木1枚1枚ができていて、寄付が増えれば増えるほど木道が伸びていくこと、それが「日々成長している」ことの答えです。

なぜ「インデペンデンス」なのか?

車いすがすれちがえる幅のボードウォークの画像
車いすがすれちがえる幅になっています

では、なぜ「インデペンデンス」ボードウォークというのでしょうか?

日常においても誰もが自分の意志で森林散策が可能な木道として、また、完成形をもたず地域自ら創り上げる施設としての意味が込められています。
車椅子でも通行可能な道幅と、斜度を確保し、不要に自然破壊を行わず周辺の自然環境に配慮し板一枚一枚に思いを込めて延伸しています。

二人並んでも余裕で歩ける様子の画像
二人並んでも余裕で歩けます

このボードウォークの特徴はもう1つあります。

もう一つの特徴が、ありのままの自然を活かした木道となっていることです。自然のまま手を付けずに作られた木道は、ときには足下からにょきにょき木が姿を現しているかもしれません。

季節を問わず楽しめる苗場のボードウォーク

傍に流れる渓流の画像
傍にはこんな渓流も流れています

雪解けの春に咲く可憐な花の画像
雪解けの春には可憐な花が

ボードウォークは、水芭蕉の群生地を通り抜け、白樺の林の中へと時折涼しげな渓流を眺めながら1.7kmほど続きます。

雪解けの春は水芭蕉の可憐な花を眺めに、夏は強い日差しを避けて木陰を求めて、秋は近くの「ドラゴンドラ」(※)から紅葉散策を終えた後に、ぜひお越し下さい。

あっ、季節を問わずにといいましたが、冬の降雪期は歩けませんね。

くわしくは、苗場観光協会にお問い合わせください。

(※)ドラゴンドラ
苗場ゲレンデと田代ゲレンデ間5,481mを約20分かけて結ぶゴンドラ。GW頃の新緑、10月・11月の紅葉とスキーシーズンのみ運転される。

アクセスなど

  • 所在地:湯沢町三国(苗場)
  • アクセス:関越自動車道 湯沢ICから車で25分
         JR上越線越後湯沢駅から車で30分
         JR上越線越後湯沢駅から苗場行きの路線バスで40分、苗場スキー場入口バス停より徒歩25分
  • 駐車場:100台

地図で南魚沼の渓流・渓谷・河川公園を表示<外部リンク>

問い合わせ先

苗場観光協会 電話025-789-2706・2121

 

補足事項
掲載内容については正確を期すよう努めていますが、掲載誤りや不十分な点がある場合があります。
ご利用の詳細につきましては直接、施設管理者(上記問い合わせ先)へお問い合わせください。

変更履歴
掲載日:2014年6月9日
最終更新日:2020年7月3日

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ

雪国 FOOD STORY

新潟※プロジェクト<外部リンク>

新潟のつかいかたへのリンクバナー<外部リンク>

にいがた観光ナビへのリンクバナー<外部リンク>

南魚沼市観光協会へのリンクバナー<外部リンク>

湯沢町観光協会へのリンクバナー<外部リンク>

雪国観光圏へのリンクバナー<外部リンク>