ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 農林水産部 農産園芸課 > 新潟県農薬管理指導士について紹介します。

本文

新潟県農薬管理指導士について紹介します。

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0055769 更新日:2019年12月27日更新

新潟県農薬管理指導士とは

 県では、農薬の管理及び使用に関する安全を確保し、農薬の危害及び被害を防止することを目的として、農薬販売者、ゴルフ場や造園業における農薬使用管理責任者、農薬適正使用の指導者等の資質向上のため、農薬の取扱いについて指導的役割を果たす者を「新潟県農薬管理指導士」として認定しています。

新潟県農薬管理指導士に認定されるには

 新潟県農薬管理指導士養成研修を受講後に実施される認定試験に合格すると、新潟県農薬管理指導士に認定され、認定証が交付されます。
 認定証の有効期限は3年間ですが、3年に1度「新潟県農薬管理指導士資質向上研修」を受講することで、3年間の認定期間を更新することができます。

受験資格

認定試験は、次の(1)、(2)に該当する方でなければ受験できません。
(1)年齢が20歳以上であること。
(2)現に農薬販売、防除又は農薬適正使用の指導の業務に従事しており、かつ、その実務経験が2年以上であること。

申請方法

 新潟県農薬管理指導士認定試験を受験したい人は、新潟県農薬管理指導士養成研修等実施要領の必要書類に記載して申請してください。

申請については下記の各所属団体ごとの申請になります。
詳細については各団体から案内します。

  • 農業協同組合職員の方 全農新潟県本部
  • 新潟県造園建設業協会会員の方 新潟県造園建設業協会
  • ゴルフ場の方、農薬販売店の方 新潟県農薬農薬安全指導者協議会

また、上記以外の方は公益社団法人新潟県植物防疫協会に申請してください。

養成研修、認定試験及び資質向上研修

要綱・要領など

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ