ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > しごと・産業 > 農林水産業 > 新潟県農林水産部 > 農薬の不適正管理事案の発生について(最終報)

本文

農薬の不適正管理事案の発生について(最終報)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0479300 更新日:2022年3月31日更新

 令和4年3月24日に公表した農業総合研究所佐渡農業技術センターでの農薬不適正管理事案に関連し、他の研究機関等における管理状況を調査したところ、いずれの機関においても、農薬の紛失は確認されませんでした。
 今後、同様の事案が起こらないよう、再発防止に向けた対策を徹底してまいります。

1 研究機関等における農薬管理状況について

(1)調査結果

  いずれの機関においても、農薬の紛失は確認されませんでした。

(2)調査対象

  農業総合研究所(作物研究センター、園芸研究センター、畜産研究センター、

  食品研究センター、高冷地農業技術センター、中山間地農業技術センター)、

  地域振興局農林水産(農業)振興部、農業大学校、病害虫防除所、妙法育成牧場、

  家畜保健衛生所、水産海洋研究所、内水面水産試験場、森林研究所

 

2 再発防止について

 今後、同様の事案が起こらないよう、各機関で定める要領等に基づく適正な運用を徹底
するとともに、コンプライアンス意識を高めるため、所属長から担当者それぞれの段階に
おいて、コンプライアンス教育の実施や普及啓発を行います。

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ