ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > しごと・産業 > 農林水産業 > 新潟県農林水産部 > 農薬の不適正管理事案の発生について(第一報)

本文

農薬の不適正管理事案の発生について(第一報)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0477058 更新日:2022年3月25日更新

 農業総合研究所佐渡農業技術センターにおいて、農薬を不適正に管理していた事案が あるとの 匿名の 情報提供が3月23日に あり、 以下のとおり状況を確認しました 。
また、現在、他の研究機関、地域振興局等に、農薬・試薬等の在庫状況等の調査を指示し、不適切な事案がないか確認中です。
 今後、同様の事態が発生することのないよう、対策を速やかに 実施します。

1 発生事案の概要

(1) 事案1
 ア  発生時期:令和2年 3月30日
 イ  概要
    農薬※1の紛失が判明 した 令和2年3月の 時点では、センター長の 判断で 、使用したものと
        して処理し、農業総合研究所や本庁関係課への報告を怠った。また、後に 令和3年10月に
        当該農薬が場内で発見 されたが、その際にも報告を怠った。
   ※1 農薬: モベントフロアブル 約 25ml いちごの殺虫剤として使用したもの

(2) 事案2
 ア 発生時期:令和3年3月26日
 イ  概要
    農薬メーカーからの委託試験に使用する農薬2剤 ※2の紛失が判明 した が、J Aに依頼した
    期限切れの農薬の処分と一緒に廃棄処分されたも のと判断し、農業総合研究所や本庁関係
   課への報告を怠った。
    ※2 農薬: モベントフロアブル 99 ml 大根の殺虫剤として使用したもの
                        コルト顆粒水和剤97gネギの殺虫剤として使用したもの

2 対応

(1) 他の研究機関、地域振興局等に、農薬 ・試薬 等の在庫状況 等の調査 を指示し、不適切な事案が
    ないか確認中です。
(2) 農業総合研究所で定めている「農薬・試薬の適正な保管管理と適正使用に関する対応方針」を遵
  守するよう、改めて職員に周知、徹底 を図ります。また、万が一 、不適正な事案が発生した際に
  は速やかに報告するよう、 コンプライアンス の意識を高め 、再発防止を図ります。

3 その他

本件に 関し、 3月25日(金曜日)11時から記者会見室において説明します。

 

報道資料 [PDFファイル/164KB]

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ