ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > しごと・産業 > 農林水産業 > 新潟県農林水産部 > 令和3年度「農の匠」表彰式を開催します

本文

令和3年度「農の匠」表彰式を開催します

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0461297 更新日:2022年2月8日更新

「農の匠」表彰式を開催します

 他の模範となる技術力で長年にわたり、高品質な農畜産物の生産・販売に安定的に取り組むとともに、地域の担い手育成に積極的に取り組んでいる方を表彰する「農の匠」の受賞者が決定しました。

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止に配慮しつつ、下記のとおり表彰式を開催します。

※ 他の模範となる高い技術力で長年にわたり、高品質な農畜産物の安定的な生産・出荷と、地域の
 担い手育成に積極的に取り組んでいる農業者を「農の匠」として表彰。

1 日時

 令和4年2月10日(木曜日) 午前11時から11時20分まで

2 会場

 県庁行政庁舎2階 201会議室 (新潟市中央区新光町4番地1)

3 受賞者

 
氏名 市町村 主な功績

朝妻 幸雄 様

(あさつま ゆきお)

新潟市
  • JA新潟みらい かぶ部会長、ねぎ部会長を歴任し、地域農業を牽引。
  • ハウス団地整備に関わり、周年栽培による産地競争力を強化。
  • 露地野菜に施設野菜を組み合わせた周年作付体系を実践し、収益性の高い安定経営を実現。
  • 農業研修生の受入や技術指導を通じて人材育成に尽力。

 

平野 栄治 様

(ひらの えいじ)

新潟市
  • 新潟県稲作経営者会議会長、農業経営者協会会長を歴任し、農業経営者の代表として本県稲作農業を牽引。
  • 農業大学校生等に稲作の栽培技術や環境保全型農業を実践指導し、担い手育成に貢献。
  • 米輸出、ICTの導入、農地集積集約化などモデル的な稲作経営を実践。
  • 長年、理事や監事としてJAの運営に参加し、JAの推進体制の強化に貢献。

間野 泉一 様

(まの せんいち)

小千谷市
  • 全日本錦鯉振興会理事長を歴任し、錦鯉生産者の育成・定着に尽力。
  • 輸出のための海外マーケットの開拓に尽力するとともに他国への錦鯉の普及・啓発活動にも貢献。
  • 県内外を問わず研修生を受入れ、新たな担い手を育成。
  • 日本農業遺産「雪の恵みを活かした稲作・養鯉システム」認定の地域の牽引役として活躍。

 

4 授与者

  新潟県副知事 佐久間 豊

5 取材申し込み

 取材を希望される場合は、別紙「取材申込書」を記載の上、2月9日(水曜日)17時までに

農業総務課政策室に提出してください。

別紙取材申込書 [Wordファイル/19KB]

報道資料 [PDFファイル/136KB]

 

 

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ