ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 観光・文化・スポーツ > 観光 > 南魚沼・湯沢の魅力 > 【南魚沼・湯沢の魅力】「雪ささの湯」の足湯

本文

【南魚沼・湯沢の魅力】「雪ささの湯」の足湯

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0123525 更新日:2020年8月17日更新

苗場温泉「雪ささの湯」に併設されている足湯を紹介します。

 足湯の画像

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、現在足湯は閉鎖しています。(再開時期未定)

なお、日帰り入浴については営業しております。

雪ささの湯公式ホームページ<外部リンク>

体の芯までポカポカ!源泉100%の掛け流し「雪ささの湯」の足湯

 雪ささの湯看板
黄色い看板が目印

こちらは、越後湯沢から国道17号を群馬方面へ進むと見える、大きな看板が目印です。

湯沢町は無色透明で透き通った温泉が多いのですが、ここの足湯はなんと茶褐色。
底が見えないほど茶褐色ににごったお湯の秘密は、その成分にあります。
ここのお湯は鉄分とミネラルを豊富に含んでいるため、温まりやすく冷めにくいのが特徴です。
また源泉は、毎分300リットル以上が湧出する贅沢な湯量のため、非加水・非加熱・非循環・非濾過の掛け流しだそうです。

茶褐色のお湯の画像
茶褐色のお湯は少し鉄の臭いがします

最初はぬるめだと思っていましたが、入っていると汗をかいてしまうほど上質な泉質でした。
それもそのはず、平成9年には某有名温泉雑誌の関東方面日帰り温泉泉質部門で1位をとったこともあるそうで、ここの温泉目当てで苗場を訪れる方もいるそうです。

「雪ささの湯」の名前の由来は、高山植物の雪笹が見る人の心を癒すように、温泉に浸かって心と体を癒してくれるようにとの思いを込めてつけられました。
その名前のとおり、ここのお湯は苗場を訪れる観光客やスキーヤーの心と体を温め、疲れを癒してくれます。
訪れた日は冷たい風雪が吹く寒い日でしたが、体の芯までぽかぽかになりました。

ペット専用の足湯に入る犬の画像
ワンちゃんも気持ち良さそう!

またここでは全国でも珍しいペット専用の足湯も用意しており、皮膚病に効くとの声もあるそうです。(冬期間はお休み)

温泉施設の受付の画像
温泉施設内では看板娘がお出迎え

スキー場だけでなく、既にこの「南魚沼の魅力」でご紹介した「OKKY(オッキー)電力ミュージアム」や「苗場インディペンデンスボードウォーク」もほど近いこの雪ささの湯。
周辺にお越しの際にはぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

アクセス等

  • 所在地:湯沢町三国
  • アクセス:関越自動車道湯沢ICより車で25分
          JR越後湯沢駅から車で30分
  • 利用料金:無料(日帰り入浴は有料)
  • 営業時間:午前10時~午後9時(冬期午後10時)
  • 駐車場:有り
  • 木曜定休日(冬期無休)

地図で南魚沼の足湯を表示<外部リンク>

問い合わせ先

雪ささの湯 電話025-780-9500

 

補足事項
掲載内容については正確を期すよう努めていますが、掲載誤りや不十分な点がある場合があります。
ご利用の詳細につきましては直接、施設管理者(上記問い合わせ先)へお問い合わせください。

更新履歴
掲載日:2012年7月10日
最終更新日:2020年8月17日

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ

雪国 FOOD STORY

新潟※プロジェクト<外部リンク>

新潟のつかいかたへのリンクバナー<外部リンク>

にいがた観光ナビへのリンクバナー<外部リンク>

南魚沼市観光協会へのリンクバナー<外部リンク>

湯沢町観光協会へのリンクバナー<外部リンク>

雪国観光圏へのリンクバナー<外部リンク>