ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 観光・文化・スポーツ > 観光 > 南魚沼・湯沢の魅力 > 【南魚沼・湯沢の魅力】トレッキング湯沢1(清津川トレッキング)

本文

【南魚沼・湯沢の魅力】トレッキング湯沢1(清津川トレッキング)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0123524 更新日:2020年4月24日更新

湯沢の街中から近い「トレッキング湯沢1」、今回はその中でも、車やバスを使用してお手軽に「涼」を体感できる八木沢からフィトンチッド広場までの清津川に沿った「清津峡トレッキングコース」をご紹介します。
ゴールの「フィトンチッド広場」まで約4kmほど、片道約1時間半。森林の中を抜けたり、渓流を眺めたりと変化に富んだコースになっています。

また、そのまま先に進み栄太郎峠を登ると、なんと!湯沢高原アルプの里から湯沢高原ロープウェイに乗って越後湯沢駅裏の温泉通りへ抜けることもできます。

(注)令和元年より栄太郎峠の分岐点から「鹿飛橋」までのコースは通行禁止となりました。

湯沢町登山情報(湯沢町ホームページ)<外部リンク>

夏でも涼しい清津峡トレッキング

コースは、越後湯沢駅からバスで15分ほどの八木沢バス停から始まります。

車で来る方は、湯沢市街から国道17号を苗場方向に向かいます。
15分ほど走ったところにある「八木沢バス停」付近の看板を目印に、国道を右折し、数分下ったところにある駐車場に車を停めます。

国道17号沿いにある案内看板の画像
この国道17号沿いにある看板を目印にしてください

駐車場の画像
車はここ、グランド奥の日帰り駐車場に止めましょう

心地よい林間コース

コースの入口の画像
コースの入口

バスで来たらバス停から歩いて10分ほど、車で来たら駐車場の脇にあるコース入口から、トレッキングコースに入ります。

なお、コース途中には、トイレはありませんので、事前にコース入口手前にあるグランド脇のトイレを利用しましょう。

写真では、草の生い茂る道らしきもの?が見えるくらいですが、ご安心下さい。この先はコースとして整備されており、地図を片手に道に迷うこともなく歩くことができます。
ただ、雨の後は、ぬかるんでいたり、水が流れていたりする箇所もありますので、足下には注意しましょう。トレッキングシューズがあると安心です。

真夏の直射日光も忘れます

木陰の中の道の画像
木陰の中の道

コースの大半は木陰の中を進むため、真夏の直射日光を浴びることもなく散策を楽しむことができます。

取材した日も、現地の気温が30℃を超える真夏日でしたが、時折姿をあらわす涼しげな渓流もあってか、心地よい散策を楽しむことができました。

コース脇から小川が霧のようになって崖下に流れ落ちている画像
コース脇から小川が霧のようになって崖下に流れ落ちていきます

コース脇の小さな滝や小川の近くを通るときには、つめたい水のカーテンに囲まれているかように、特に涼しく感じます。

大峰の原水(おおみねのげんすい)

大峰の原水の画像
大峰の原水

コース入口から30分ほど歩くと「大峰の原水」に着きます。

ここまでは、なだらかな山道が多かったのですが、ここから先はちょっと険しくなります。

コースのところどころに沢からの小さな渓流が流れており、岩には苔が生えている様子の画像
コースのところどころに沢からの小さな渓流が流れています。岩には苔が生えています。

「大峰の原水」を過ぎると、左手に清津川を眺めながめることのできるポイントがあります。

清津川の美しいエメラルドグリーンの色は必見です。
このように透き通った川の流れも、冬に降る雪の恩恵でしょうか。
有数の豪雪地帯である南魚沼だからこそ見ることのできる、透明感あふれる川です。

アップダウンを繰り返し、ときには小川を渡り「猿飛岩(さるとびいわ)」を目指しましょう。
小川を渡るときには、ふわっと、涼しげな心地よい風が吹いてきます。

猿飛岩(さるとびいわ)

猿飛岩の画像
この川を猿が渡ったという

コースも残り半分。あと1時間ほどです。

巨岩にコースが邪魔されているポイントが近づいたら「猿飛岩」です。
ここには清津川の両岸から水面にせり出した二つの「巨岩」を猿が飛んで渡った、という逸話が残っています。

我こそは「猿」のように身軽であるぞ!という腕に覚えのある方であっても、まねはしないで下さいね。川に落ちちゃいますから。

フィトンチッド広場

フィトンチッド広場の画像
フィトンチッド広場

コースが広くなり小さなベンチが見えてきたらマイナスイオンたっぷり、ゴールの「フィトンチッド広場」に到着です。

ブナ林の木漏れ日を浴びながら、おにぎりでもほおばりましょう。南魚沼産コシヒカリ、なんていかがでしょう。

今回は、夏の取材でしたが、雪どけ後のまばゆい新緑の中を歩くのも、真夏に木陰とたっぷりのマイナスイオンを求めて歩くのも、おすすめです。

(参考コースタイム)
駐車場
↓(1.6km 35分 なだらかな林間コース)
大峰の原水
↓(1.2km 30分 清津川が木々の間から見えます)
猿飛岩
↓(0.8km 25分)
フィトンチッド広場(小さなベンチがあります)

アクセスなど

  • 所在地:湯沢町八木沢
  • アクセス:関越自動車道湯沢ICから車で約15分
         JR上越線越後湯沢駅から車で約15分
  • 駐車場:50台
  • 利用料金:無料

問い合わせ先

湯沢町産業観光部観光商工課 電話025-784-4850

 

補足事項
掲載内容については正確を期すよう努めていますが、掲載誤りや不十分な点がある場合があります。
ご利用の詳細につきましては直接、施設管理者(上記問い合わせ先)へお問い合わせください。

変更履歴
2010年9月23日掲載、2015年6月24日、2018年3月28日レイアウト等修正、2019年6月25日栄太郎峠の分岐点から「鹿飛橋」まで通行禁止に伴う修正及びコースガイド追加、2019年9月2日システムリニューアルに伴うレイアウト変更、2019年10月23日台風19号による影響について追記、2020年4月24日湯沢町登山情報追加

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ

雪国 FOOD STORY

新潟※プロジェクト<外部リンク>

新潟のつかいかたへのリンクバナー<外部リンク>

にいがた観光ナビへのリンクバナー<外部リンク>

南魚沼市観光協会へのリンクバナー<外部リンク>

湯沢町観光協会へのリンクバナー<外部リンク>

雪国観光圏へのリンクバナー<外部リンク>