ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 県政情報 > 県の仕事と組織・付属機関 > 三条地域振興局 農業振興部 > 【三条】出前授業「県央地域の農業概況と課題」を行いました

本文

【三条】出前授業「県央地域の農業概況と課題」を行いました

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0228827 更新日:2019年10月4日更新

 

  令和元年9月20日(金曜日)に、加茂農林高等学校にて「県央地域の農業概況と課題」について出前授業を行いました。 

 対象となる1年生約200人は非農家出身者が約8割で、2年生からの専門コース選択に向けて、現在基礎科目の受講・実習を行っています。そのため本授業も地域課題をとらえる場として位置づけられています。

 日本の農業、新潟県の農業、そして県央地域の農業の課題について説明し、農家の高齢化や経営体への農地集約が進んでいること、新潟県の農業産出額は稲作の割合が他県に比べて高い事等を説明しました。また、課題への取組として、水田転換畑での大型機械利用によるタマネギ等の作付や水稲育苗ハウスを活用したトマト栽培、生産者が加工・販売までを行う6次産業化、そして新たな動きとしてスマート農業の実用化や農福連携などを紹介しました。

 これから活躍する生徒の皆さんが、地域のことや農業について興味をもって勉強し、様々なことを体験してもらえたらと思います。

 

出前授業の様子

スライドを用いて説明

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ

「旬」なはなし 第8回

県内で最も早いえだまめ「弥彦むすめ」出荷開始!

弥彦むすめ

「弥彦むすめ」とは、県内で最も早い5月上旬頃から出荷される「えだまめ」。まだ雪の残る2月終わり頃からハウスの中で定植し、作業は大部分が手作業、非常に手間のかかる「えだまめ」です。

 枝付きのまま出荷するのが大きな特徴で、新潟の初夏を彩る逸品です。

 お近くのスーパー等でお求めいただき、是非ご賞味ください。JA越後中央弥彦営農センターでも販売しています。