ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 観光・文化・スポーツ > 観光 > > 【三条】「お箸が止まらない」県央定食できました!

本文

【三条】「お箸が止まらない」県央定食できました!

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0449549 更新日:2022年1月25日更新

弥彦村へ散策しに行ったときに買った「伊彌彦米」をきっかけに、「せっかくお米を炊くなら、おかずも欲しいな~」ってことで始まった『おかずを探す』シリーズですが、デザートの「ル レクチエ」まで購入し、おかずもそろったところで、いよいよ「お米を炊こう!」ということになったのですが・・・

 (よしひろ)「あっ、ところでお米どこで炊くの?」
 (かすみ) 「まさか、会議室に炊飯器を持ち込むわけじゃないよね?」
 (りょうた)「そこまで考えてなかったー、どうしよう・・・」
 (ひかる) 「あと、食器なんかも必要だと思うけど、どうするの?」
 (まこと) 「う~む、何か良い案がないかな~」
 (ゆうた) 「あっ、そういえば以前ネタ探しで伺った、燕市杉柳にある
        『High Grade Store(ハイグレードストア)』さん
        キッチン用品が展示されていて、厨房設備もあったような・・・」

そこで、厨房設備をお借りしようということになって、『High Grade Store(ハイグレードストア)』さんに無理を承知でお願いしたところ、「厨房設備は飲食店向けの商品の使用イメージを持ってもらうためで、貸出はできないんだけどなぁ~」とのこと。
「やっぱり、無理か~(心の声)」と諦めかけたところ、「県央地域や地場製品のPRになるなら」と、すてきな食器の使用を含め、御協力いただけることになりました!m(_ _)m

そこで、今回は『おかずを探す』の番外編として、『High Grade Store(ハイグレードストア)』さんを舞台に、「伊彌彦米」を炊いて、これまでに集めた「おかず」を使い、とびっきりスペシャルな定食を作った様子をお届けしたいと思います。

県央定食の食材

本格的な厨房設備に気分も上々!

ハイグレードストア(ショールーム)

今回、私たちの定食作りのために、特別にお借りした「厨房設備」。

目に入るものすべてが本格的なものばかりで、カウンターの奥に立てば、「ラーメン屋さんの店主!」といったところでしょうか。

寸胴 オーブン

カウンターの奥には大型の冷蔵庫が配置され、ガスコンロには麺を茹でるとっても大きな寸胴や、プロの料理人が使う本格的な中華鍋などが並んでいました。

カウンターの向かいにはパンを焼くオーブンやいろんな種類のケーキ・クッキーの型などがあり、パン屋さんやパティシエになった気分も味わえます。

いよいよ、とびっきりスペシャルな定食作りのスタートです。

いよいよ定食作りのスタートって言っても、「伊彌彦米」を炊いて、「かも汁缶」を鍋に移し温めるだけのことなんですけどね。

主菜の「鶏肉のレモン和え」だけでも十分なのですが、せっかくなので、副菜としてキャベツの千切りも付けようってことになって、当日急遽、農産物直売所「ほのか」に行って、燕産のキャベツも購入してきたのですが、ここでまたひとつトラブルが・・・

 (かすみ) 「なんで、まるまる1個キャベツ買ってくるかな~」
 (よしひろ)「千切りキャベツ買ってくればよかったんじゃね!」
 (りょうた)「そんなの、買いに行く前に言ってよ。」
 (ひかる) 「で、誰が千切りするの?」
 (まこと) 「う~む、何か良い案がないかな~」
 (ゆうた) 「あっ、そういえばショップにピーラーがあったような・・・」

早速、『High Grade Store(ハイグレードストア)』さんのショップへGo!

ピーラー

あ、ありました!キャベツの千切りに使えるピーラーが!!なになに、「究極のピーラー」だって、期待に胸を躍らせ、早速購入し、定食作りに戻りました。

キャベツ 千切り

購入したピーラーで、キャベツの千切りを作っていたら、だんだん面白くなってきて、先ほどあったトラブルのことはどこへやら、みんなで楽しく定食作りができましたとさ、めでたしめでたし。

ほっかほかのご飯が炊き上がりましたよ~!(^O^)

炊きたてのご飯

ほっかほかのご飯が炊き上がりました。ツヤツヤしていて、見るからに美味しそう。そのままシャモジにかぶりつきたいくらいでした。

かも汁 ルレクチェ

「かも汁」は濃いめの醤油味ということもあって、長ねぎと白菜を足して少しアレンジしてみました。そして、デザートの「ル レクチエ」を切って、いよいよ完成です。

ついに完成!その名も『県央定食』!!

県央定食

ご飯に炊きたての「伊彌彦米」、汁物として「かも汁」、主菜には学校給食でおなじみ「鶏肉のレモン和え」、漬物に「越の梅(梅干し)」 、そしてデザートには「ル レクチエ」と盛り付けたら、とびっきりスペシャルな定食のできあがり!県央地域の魅力がいっぱい詰まっているので、『県央定食』と名付けました。

箸が止まらなくなるほど、とっても美味しい『県央定食』でした。あ~、お腹いっぱい。ごちそうさまでした。

メタル丼 メタル丼

ちなみに、「かも汁」を盛り付けた銀色の器は、燕三条のラーメン店と金属加工技術のコラボ製品『メタル丼』です。
『メタル丼』とは、中空二重構造のステンレス食器で、「あたたかい料理をあたたかいままに、つめたい料理はつめたいままに」と保温効果があるとともに、中身の温度が直接手に伝わりにくい優れもので、さわっても熱くなりにくいものとなっているんですよ。

県央地域にはまだまだ魅力的な『おかず』がいっぱい!

『おかずを探す』と題して、県央地域の魅力的な『おかず』を紹介してきましたが、県央地域にはまだまだ魅力的な『おかず』がいっぱい!

ぜひ皆さんも県央地域の魅力的な『おかず』を探して、思い思いの『県央定食』を作ってみてください!!

おにぎり おにぎり

PS.炊きたてのご飯に梅干しをのせて、「おにぎり」も作ってみました。これもまた絶品でしたよ。

『High Grade Store(ハイグレードストア)』について

〒959-1272 新潟県燕市杉柳912-1
電話 0256-64-8125
営業時間 10時00分~17時00分
定休日 日曜・祝日
駐車場 有(20台)
ホームページ https://kumaichi.co.jp/high-grade-store/<外部リンク>

(株)カンダ ハイグレードストア

『おかずを探す』これまでの記事について

(1)「御利益あるかな」伊彌彦米 【弥彦村編】

(2)「しかもずっしり」かも汁缶 【加茂市編】

(3)「果肉がたっぷり」越の梅 【田上町編】

(4)「あえてさっぱり」鶏肉のレモン和え 【燕市編】

(5)「新潟から冬の贈り物」ル レクチエ 【三条市編】

 


探検記記事へのリンクバナー

県央地域の魅力をたくさんの方に知ってもらいたい。
そんな思いから、県央地域の魅力について再確認・再発見する取組を始めました。

「県央地域の魅力を探す探検記」を発行し、
様々な切口から県央地域の「魅力」についてご紹介します。


●『県央地域の魅力を探す探検記』トップページはこちら

●その他の「県央の魅力」はこちら『県央地域の魅力発見ガイド』

●三条地域振興局トップページへ

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ

魅力発見ガイドへの画像リンク

パンフレット情報