ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・安全・環境 > 自然・環境・リサイクル・ごみ > 新潟県愛鳥センター紫雲寺さえずりの里 > 令和3年度愛鳥ブログ 職員が日々の情報をお知らせします

本文

令和3年度愛鳥ブログ 職員が日々の情報をお知らせします

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0383534 更新日:2021年5月7日更新

2021年5月7日

アカハラ
さえずるアカハラ

ゴールデンウィークは初心者探鳥会、工作教室、羽のしおり作り教室とイベントが盛りだくさんでした。
鳥もたくさん見られる時期なので、探鳥路を歩きに来ている方もたくさんいました。

数日前はアカハラが群れで来ていたようで、さえずりもよく聞こえました。
「キョロンキョロン ツィー♪」良い声です。
地面で落ち葉をガサガサッとひっくり返しながらえさを探している姿も見られました。

アカハラは探鳥路では繁殖していないので、春と秋の渡りの時期だけに見られます(たまに冬に亜種オオアカハラがいることはありますが)。
渡りの時期の通過のみという鳥はほかにもけっこう多いので、見逃せませんね。

【お知らせ】
野鳥写真展が終了し、2階ロビーの展示替えをしました。
令和3年度用愛鳥週間ポスター新潟県大会入賞作品展&春季特別展「いきものいっぱい!探鳥路の1年」を展示しています。
5月11日からと広報していますが、展示替えが完了しましたので今日からご覧いただけます。

年間を通して愛鳥センター周辺で見られるさまざまな生き物を、たくさんの写真で紹介しました。
日々、癒しと発見を与えてくれる探鳥路の魅力がたくさんの方に伝わったら嬉しいです。

2021年5月3日

アオジ
地面でえさを探すアオジ

今日はお天気がいまいちですね。
天気と関係があるのかどうかわかりませんが、アオジとカワラヒワが歩道の上を跳ねながらえさを探していました。
アオジはやぶの中にいることが多いので、さえずるときに上に出てくる以外は見つけにくい鳥ですが、こんなふうに見えるところに出てきてくれると観察しやすくて良いですね!

さて、今日も午後1時から3時まで愛鳥センター2階のレクチャールームにて羽のしおり作り教室を開催します。
時間中は随時受付けしていますので、お時間のある方はぜひ遊びに来てください。
明日も同じ時間に開催します。

以下、4月21日から4月30日に愛鳥センター周辺で観察された野鳥です。
キジ、カルガモ、キジバト、カワウ、アオサギ、ミサゴ、トビ、オオタカ、ノスリ、カワセミ、コゲラ、サンショウクイ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒバリ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、ヤブサメ、エナガ、エゾムシクイ、センダイムシクイ、メジロ、キレンジャク、ヒレンジャク、ムクドリ、コムクドリ、クロツグミ、シロハラ、アカハラ、ツグミ、ルリビタキ、ジョウビタキ、コサメビタキ、キビタキ、オオルリ、スズメ、ビンズイ、アトリ、カワラヒワ、マヒワ、ベニマシコ、イスカ、ウソ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ

2021年4月30日

オオルリのオス
オオルリのオス

ゴールデンウィークは雨の日が多いようですね。
今朝も雨でしたが、時期的に鳥が多いからか、意外に鳥が見られました。

写真のオオルリは数日前に撮ったものですが、最近よく見られています。
公園内の道路の植え込みではアカハラが採餌していました。
イワツバメも上空を飛んでいました。
日々、渡りの途中の様々な鳥が現れます。

さて、明日5月1日は愛鳥センターの開館記念日です。
平成2年に開館し、今年で丸31年です!
来館者の方に鳥のハガキをプレゼントします。
先着50セットで、無くなり次第終了です。
入り口を入ったところにあります。

2021年4月28日

コムクドリ
首をかしげるコムクドリ

探鳥路がとてもにぎやかです。
いろいろな鳥のさえずりが聞こえています。
今朝は大きな声でさえずるクロツグミや、それにかき消されそうになっているアオジ、さわやかなエゾムシクイの声などが聞こえていました。

渡っている途中の群れもたくさん見られます。
コムクドリやツグミやメジロなどの群れが見られています。
コムクドリは首をかしげてとってもかわいいポーズをしてくれました。
写真の個体は頬に少し茶色の模様が入っていますが、メスでした。

コサメビタキ
コサメビタキ

コサメビタキも来ました。色は地味ですが、顔がかわいいですよね!
色々な鳥の鳴き声を真似たフレーズを入れながらさえずっていました。

夏鳥、冬鳥が入り混じって、探鳥路の鳥の種類がとても多くなっています。

2021年4月23日

ビンズイ
ビンズイがやってきました

続々と夏鳥が到着しています。
クロツグミ、センダイムシクイ、ヤブサメなどを確認しました。
オオルリやキビタキもそろそろと思うのですが、まだ発見できていません。
明日の初心者探鳥会では見られるといいですね。

ビンズイは高山で繁殖する鳥です。冬は標高の低いところに降りています。
探鳥路では、渡りの時期に通過する個体が見られることが多いですが、時々冬に見られることもあります。
あまりセキレイっぽくない見た目ですが、セキレイのなかまです。
尾羽を上下に振る習性はハクセキレイなどと同じようで、この個体も木の上でフリフリしていました。

【お知らせ】
5月9日(日曜日)に開催予定の愛鳥週間探鳥会は、大峰山の林道が土砂崩れで通行止めのため、会場が変更になります。
新発田市の大天城公園駐車場に集合して、周辺の林道を歩きます。お申込みをされた方は、当日、場所をお間違えの無いようお願い致します。
尚、定員に達しましたので申込みは締め切っております。

以下、4月11日から4月20日に愛鳥センター周辺で観察された野鳥です。
キジ、カルガモ、コガモ、アオサギ、ダイサギ、オオタカ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、キクイタダキ、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒバリ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、センダイムシクイ、メジロ、キレンジャク、ヒレンジャク、ムクドリ、クロツグミ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、アトリ、カワラヒワ、マヒワ、ベニマシコ、イスカ、ウソ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ

2021年4月17日

セモンジンガサハムシ
セモンジンガサハムシ発見!

ウワミズザクラの葉の上にセモンジンガサハムシを発見しました。
昨年は秋頃になってようやく見つけたのですが、春の早い時期からいたんですね。
とても好きな虫なので、見つけたときはテンションが上がりました!

大きさが5ミリくらいで、とても小さい虫です。
目立たないので、気にしてよく見ないと気付かずに素通りしてしまうと思います。
ふちが透明で円盤のような不思議な甲虫です。
背中の金ピカのX模様が光輝いていました!

サクラのなかまに付くので、ウワミズザクラ以外のサクラでも見られます。
鳥見ついでに葉の上や裏をじっと探してみてください。

【お知らせ】
4月24日(土曜日)、5月1日(土曜日)9時から10時30分の初心者探鳥会と、5月1日(土曜日)午後1時から2時30分の工作教室(消しゴムはんこ)はまだ定員に余裕があります。
興味があってその日都合が良いという方、お申込みをお待ちしております。
工作教室は大人のみのご参加も大丈夫ですよ!

2021年4月14日

ウワミズザクラ
ウワミズザクラの花穂

公園などでよく目にするソメイヨシノは散り始め、だんだんと葉が出てきましたが、これから咲くサクラもあります。
ウワミズザクラという種類で、白いフサフサした感じの花が5月頃に咲きます。
言われなければサクラのなかまとは思わないかもしれません。

今は緑のつぶつぶしたつぼみが付いています。とてもかわいらしいです。
花が開くとまたとても上品で美しいです。

草や木の花が次々と咲いて、虫も活動し、探鳥路に色が増えてきました。

2021年4月11日

ウグイス
ウグイス

ホーホケキョ!と近くで聞こえたので探すと、茂みの向こう側にいました!
ウグイスはヤブにいてなかなか姿が見えないのですが、繁殖期にさえずるときは、少し高いところに出てきます。
一般的によく知られているうぐいす色とはイメージが違って、茶色っぽくて地味な色をしています。

ヒキガエルのたまご
アズマヒキガエルの卵

今年も池にアズマヒキガエルが産卵しました。
ニョロニョロの中に黒い粒々がたくさん見えます。
おたまじゃくしが生まれるのが楽しみです。

以下、4月1日から4月10日に愛鳥センター周辺で観察された野鳥です。
キジ、アオサギ、ミサゴ、トビ、オオタカ、オオコノハズク、コゲラ、アカゲラ、アオゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、キクイタダキ、ヤマガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ヒバリ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、キレンジャク、ヒレンジャク、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、マヒワ、ベニマシコ、イスカ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ

2021年4月6日

ジョウビタキ
地面でえさを探すジョウビタキのオス

池の近くの地面に降りているジョウビタキのオスがいました。
おなかのオレンジ色と、翼の白斑が目立ってとてもきれいです。
ピョンピョン跳ねながら地面にいる虫か何かを探していました。

ちょうど渡りの途中でたくさん来ているようで、今あちこちでジョウビタキが見られます。
「ヒッヒッ」という鳴き声がわかりやすいので、鳴き声のする方を探すと比較的姿も見つけやすいと思います。

オスはくっきりしていてカッコいいですが、メスは少し地味で柔らかい色をしています。
きれいでかわいい、人気者の鳥です!

公園内の桜は満開になり、ツバメも飛び始めました。
お天気の良い日は、のんびりと花や鳥を眺めながら散歩するのに最適ですね。

2021年4月1日

ベニマシコ
ベニマシコのメス

新年度のはじめはベニマシコのメスです。
池の近くでピッポッとかわいらしく鳴いていました。
モフ尻がたまりませんね。

阿房堀の近くではジョウビタキやマヒワが見られました。
オレンジと黄色でカラフルです。
キレンジャクの声も聞こえました。まだいたんですね!
アオジも最近よくさえずるようになって、いい声を響かせています。

バードウォッチングに良い季節になってきました。
みなさん今年度もよろしくお願い致します。

以下、3月21日から3月31日に愛鳥センター周辺で観察された野鳥です。
キジ、カルガモ、アオサギ、キジバト、アオサギ、ダイサギ、トビ、オオタカ、コゲラ、アカゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、キクイタダキ、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒバリ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、キレンジャク、ヒレンジャク、ミソサザイ、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、アトリ、カワラヒワ、マヒワ、ベニマシコ、イスカ、ウソ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ


令和2年度愛鳥ブログ

◇このページに関するお問い合わせは 愛鳥センター紫雲寺さえずりの里
〒  957-0231  新潟県新発田市藤塚浜海老池 
電話:  0254-41-4500  ファクシミリ: 0254-41-4501 
電子メール:  ngt035310@pref.niigata.lg.jp 
このページに関するお問い合わせは<外部リンク>
このページの先頭へ

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ