ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 福祉保健部 健康づくり支援課 > 赤ちゃんのうんちの色に注意しましょう

本文

赤ちゃんのうんちの色に注意しましょう

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0048920 更新日:2019年3月29日更新

 胆道閉鎖症とは、1万人に1人の赤ちゃんがかかる病気です。
 うんちの色がうすい黄色、うすいウグイス色、白っぽい色など(母子健康手帳に綴じ込んである便色カードの1~3番に近い色。)になるのが大きな特徴です。その他、皮膚や白目の黄疸があり、濃い黄色のおしっこが出てきたら、1日も早く医師にそのことを伝えて、小児外科または小児科を紹介してもらいましょう。
 早期発見と早期手術で、よりよい結果が期待されています。

詳しくはチラシをご覧ください

チラシ[PDFファイル/1.11MB]

関係機関の方向け資料

胆道閉鎖症早期発見のための便色カード活用マニュアル(厚生労働省)<外部リンク>

関係機関の方向け資料の画像

妊娠・出産・子育てに関する情報はこちらから(新潟県ホームページ「ごきげんベイビィ」)

このページに関するお問い合わせは

健康対策課
〒 950-8570 新潟市中央区新光町4番地1
電話: 025-280-5197
ファクシミリ: 025-285-8757
電子メール: ngt040240@pref.niigata.lg.jp

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ