ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
パンくず トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 健康・医療 > 【上越】ヘルパンギーナについて

本文

【上越】ヘルパンギーナについて

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0046322 更新日:2019年3月29日更新

特徴

特徴の画像

  • 主な症状
    発熱、口腔粘膜の水疱、口腔内の痛みに伴う不機嫌・拒食・哺乳障害
  • 潜伏期間
    2日~4日
  • 好発年齢
    乳幼児(4歳以下)
  • 好発時期
    6月~7月
  • 病原体
    コクサッキーウイルス
  • 治療
    対症療法、安静、十分な水分・栄養補給

感染経路

感染経路の画像

  • 飛沫感染
    (咳やくしゃみなどのしぶきにに含まれるウイルスによる)
  • 経口・接触感染
    (水疱の中の水分や便中に排出されたウイルスが手などを介し、口や目などの粘膜に入ることによる)

予防方法

予防方法の画像

  • 感染者との密接な接触を避ける。
  • うがいや手洗いを行う。
  • タオルの共有は避ける。

関連情報はこちらから

ヘルパンギーナとは(国立感染症研究所)<外部リンク>

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ