ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 県民生活・環境部 廃棄物対策課 > 無人自律航空機(UAV)による不法投棄監視

本文

無人自律航空機(UAV)による不法投棄監視

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0044447 更新日:2019年3月29日更新

無人自律航空機(UAV)による不法投棄監視の画像

県では、地上からの確認が困難な不法投棄の把握等を行うため、無人自律航空機(UAV)による不法投棄監視を実施しています。
これまでに、UAVを用いた不法投棄監視により、新たな不法投棄を9件発見しています。

UAVとは

災害時や捜索救助活動での活用を目的として導入された無人自律航空機で、予め設定した経路を自動で飛行し、上空からの写真撮影や動画撮影が可能です。

全長 2,600 mm
全幅 3,200 mm
高さ 780 mm
飛行時間 4.5 時間
航続距離 500 km

上空からの不法投棄監視

上空からの不法投棄監視の画像

不法投棄は、林の中や崖下など地上からの把握が困難な場所に投棄されることがあるため、上空から地上の不法投棄された廃棄物を監視しています。
(写真はUAVから撮影した画像)

動画配信

UAVを活用した不法投棄監視の取組について、実際のUAV搭載カメラの映像を交えて動画で紹介しています。

動画配信の画像

新潟県YouTube公式チャンネル内「UAVによる不法投棄監視」<外部リンク>

監視結果

(写真はUAVから撮影した画像)の画像
(写真はUAVから撮影した画像)

平成29年5月16日

長岡市及び出雲崎町の山間部を中心に監視を行い、新たな不法投棄3件を発見しました。

平成28年11月18日

十日町市及び南魚沼市の山間部を中心に監視を行い、新たな不法投棄3件を発見しました。
発見した不法投棄については、撤去可能な投棄物は全て撤去し、便乗投棄防止措置を講じました。

平成28年4月26日、5月2日

上越市及び妙高市の山間部を対象に監視を行い、新たな不法投棄を3件発見しました。
発見した不法投棄については、行為者を特定するなどして全て撤去しました。

平成27年11月6日

下越地方を中心に監視を行いましたが、新たな不法投棄は発見されませんでした。

不法投棄情報BOX

不法投棄情報BOXの画像不法投棄ホットライン 0120-381-790不法投棄を発見したときは 不法投棄を通報する<外部リンク>不法投棄対策 土地所有者(管理者)の皆様へ不法投棄監視に協力いただける団体の方へ 不法投棄監視ネットワーク県内の不法投棄に係る検挙事例新潟県の不法投棄対策 3機関連携不法投棄監視スカイパトロール無人自律航空機(UAV)による不法投棄監視不法投棄物の撤去 県内の不法投棄の現状

環境にいがた

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ