ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > しごと・産業 > 農林水産業 > 農業総合研究所作物研究センター > コシヒカリBLの原種混合を行いました

本文

コシヒカリBLの原種混合を行いました

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0464542 更新日:2022年2月17日更新

 コシヒカリBLは、コシヒカリに「いもち病」に強い性質のみをプラスしたお米で15年の歳月をかけて新潟県が育成しました。新潟県では、「いもち病」に対して異なる抵抗性を持つ多数のコシヒカリBL品種(BL1号~6号、BL9~13号)を品種登録しました。

コシヒカリBLについては、こちら(https://www.pref.niigata.lg.jp/sec/nosanengei/1204823747830.html

 

 農業総合研究所作物研究センターでは、毎年、県内のいもち病菌レースの分布状況を調査しています。この調査結果に基づいて、防除効果を高く維持できる4品種を選択し、2月上旬に混合作業をします。

 混合されたコシヒカリBL原種は、今春に県内各地の採種ほ場へ配布されます。採種ほ場で生産された種子は、翌年春に一般栽培用の種子として生産者へ配布されます。そして、秋には消費者のもとへ新米として届けられます。

※原種とは、採種ほ場で種子生産に用いる種子を言います。

 

作業風景

品種別に生産されたBL品種

 品種ごとに生産したコシヒカリBL原種(4品種)の混合作業を一定割合で混合します。

混合している写真です

 各品種を混合機へ投入して、4品種が均一になるように3時間かけて混合します。1回あたりに混合する量は2トンで今年は約14トンを混合しました。

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ