ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
パンくず トップページ > 組織でさがす > 防災局 消防課 > 緊急消防援助隊のページ

本文

緊急消防援助隊のページ

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0058931 更新日:2019年4月1日更新

緊急消防援助隊とは、阪神・淡路大震災を契機に制度化され、地震などの大災害が発生した際に、被災地に対して被災地外の都道府県から消火・救助・救急などの応援を行うために登録されている部隊です。

中越沖地震時も緊急消防援助隊の応援を受けました。(新潟空港での航空部隊の駐機状況)の画像
中越沖地震時の緊急消防援助隊航空部隊の駐機状況(新潟空港)

新潟県では、平成16年の7.13新潟福島豪雨災害や、中越大震災、平成19年の新潟県中越沖地震などで全国の緊急消防援助隊から応援を受けています。
平成19年7月16日に発生した新潟県中越沖地震の際には、緊急消防援助隊航空部隊のヘリコプターによる救急搬送や、情報収集活動などを中心に延べ15隊110人の応援を受けました。
一方、平成23年3月11日に発生した東日本大震災においては、新潟県隊として約2ヶ月間に渡り、延べ455隊1,786人が被災地で救助活動等を行いました。
また、平成26年11月に発生した長野県北部を震源とする地震、平成27年9月の台風18号等による大雨等でも応援活動を行っています。

このページでは、県外で大災害が発生した際に新潟県から応援を行う部隊の登録状況や、応援を行う際の計画のほか、新潟県内において大災害が発生し、緊急消防援助隊の応援を受けるときの受援計画などを掲載しています。

県内の緊急消防援助隊の登録状況 [PDFファイル/51KB]

新潟県内の各消防本部における緊急消防援助隊の登録状況を一覧でご覧になれます。平成31年4月1日時点で、消火・救急・救助など合計162隊が登録されています。

新潟県内で災害が発生した場合に、他都道府県から緊急消防援助隊の応援を受ける際の計画です。

他県で災害が発生した場合に、新潟県の緊急消防援助隊登録隊が応援を行う際の計画です。


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ