ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

農村産業法

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0225482 更新日:2019年9月25日更新

農村産業法

農村産業法について

 農村産業法は、農村地域において計画的な土地利用(農地利用)等を行うことにより、産業の導入を促進し、魅力ある雇用の場を創出することを目的とするもので、平成29年7月の法律改正により、対象業種の限定が廃止されました。
※旧法では、工業等5業種(製造業、道路貨物運送業、倉庫業、こん包業、卸売業)に限定

 これを踏まえ、農林水産物等の地域資源を活用した流通、サービス業などや農村地域において立地・就業ニーズの高い業種の導入が可能となるよう、導入業種を57業種に拡大する基本計画の変更を行いました。
※国と変更協議を行い、H31.3.20付けで農林水産大臣、経済産業大臣、厚生労働大臣から同意

 今後、市町村における導入業種の追加等に係る実施計画の変更を支援するとともに、地域の特性を活かした成長分野への投資を促進する地域未来投資促進法等を積極的に活用して、魅力ある雇用を創出する企業立地の促進に取り組んでいきます。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ