ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

72 山田家の桜

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0053337 更新日:2019年3月29日更新

「良寛たずね道八十八ヶ所巡り」のトップページへ

概要・良寛とのゆかり

 塩之入峠を越えてきた旧道西のぼり口(和島口)は、文政9年初冬に島崎の木村家に移り住んだ良寛と
与板町の松下庵に住む弟の由之が互いに訪れあうために度々通った道である。
険しい峠道の様子は、幾度となく交わされる弟との歌に詠まれている。
 この峠を越えて和島口に降りてきたところにある山田家(当時庄屋で藩主から苗字帯刀をゆるされていた名門)で、
良寛はよく食事をいただいくなど、親交があった。個人宅。
 山田家には枝垂れ桜の老木があり、4月の桜の季節には、華麗に咲き誇る。

全景写真

山田家にある桜の老木の写真

このページに関するお問い合わせは

長岡地域振興局企画振興部
〒 940-8567 長岡市沖田2丁目173番地2
電話: 地域振興課 0258-38-2507
ファクシミリ: 0258-38-2548

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ