ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

70 大坂塔婆

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0053427 更新日:2019年3月29日更新

「良寛たずね道八十八ヶ所巡り」のトップページへ

概要・良寛とのゆかり

 与板と出雲崎の間の峠に、石で作った道しるべが建っている。出雲崎、和島、本与板、上与板への分岐点になる。
良寛も与板から出雲崎へ向かうときに通ったと言われている。
 文政元年(1818)には、東海道中膝栗毛で有名な十返舎一九が徳昌寺に泊まり、大坂塔婆の狐の七夜話を執筆している。(日本昔話に記載)
 与板地域の西にある「うまみち森林公園」の管理棟の前の駐車場まで自動車でいける。そこから山道を約15分登ると大坂塔婆に着く。

全景写真

大坂塔婆の写真

このページに関するお問い合わせは

長岡地域振興局企画振興部
〒 940-8567 長岡市沖田2丁目173番地2
電話: 地域振興課 0258-38-2507
ファクシミリ: 0258-38-2548

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ