ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 長岡地域振興局 企画振興部 > 65 大坂屋河渡・和泉屋河渡

本文

65 大坂屋河渡・和泉屋河渡

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0053329 更新日:2019年3月29日更新

「良寛たずね道八十八ヶ所巡り」のトップページへ

概要・良寛とのゆかり

 越後屈指の大豪商大坂屋三輪家と豪商和泉屋山田家が船運業で利用した河渡跡。
 いしぶみ公園の対岸に位置する黒川の河渡は、越後屈指の大豪商大坂屋と豪商和泉屋が信濃川の船運と新潟よりの回船で発展させた。
与板の豪商でも自前の河渡を持っているのは両家のみで、河渡の裏手には倉庫蔵が数を誇り、船頭を多く抱えて明治まで栄えた。
同地の観音堂には船頭の守り神が奉られている。昭和年間までは黒川に船が往来していた。明治に入り、対岸に西本願寺派別院が建立され、豪商鍋屋大橋家が私財で橋を架けた。

全景写真

大坂屋河渡・和泉屋河渡

このページに関するお問い合わせは

長岡地域振興局企画振興部
〒 940-8567 長岡市沖田2丁目173番地2
電話: 地域振興課 0258-38-2507
ファクシミリ: 0258-38-2548

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ