ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

48 観照寺

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0053516 更新日:2019年3月29日更新

「良寛たずね道八十八ヶ所巡り」のトップページへ

概要・良寛とのゆかり

 良寛が53歳の頃、一時仮住まいした真言宗の寺である。
 開山、開基は不詳。現在は寺の建物はない。
かつては解良家の菩提寺であった。墓所には解良一門代々の墓碑が立ち並んでいる。
十三代栄重(牧羊子栄重)の墓は俗に「島の旦那様」と言われ、別に祀られている。
 また、境内には大きな宝篋印陀羅尼塔が建立されている。

宝篋印陀羅尼塔の画像
宝篋印陀羅尼塔

全景写真

墓碑の写真

詩歌碑・像

牧羊子之墓碑
 碑文の文章は鈴木文臺、書は富取芳斎。元治元年(1864)建立。名は栄重、栄重の諡は牧羊子。
 牧ヶ花解良家を継いだ人で、『良寛禅師奇話』の著者として知られています。

牧羊子之墓碑の画像

このページに関するお問い合わせは

長岡地域振興局企画振興部
〒 940-8567 長岡市沖田2丁目173番地2
電話: 地域振興課 0258-38-2507
ファクシミリ: 0258-38-2548

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ