ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 長岡地域振興局 企画振興部 > 19 道の駅越後出雲崎天領の里

本文

19 道の駅越後出雲崎天領の里

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0053532 更新日:2019年3月29日更新

「良寛たずね道八十八ヶ所巡り」のトップページへ

概要・良寛とのゆかり

 江戸時代天領だった出雲崎を再現した時代館や石油記念館、レストラン、物産館がある道の駅。
 夕凪の橋(海上橋)は若いカップルの語らいの場所となっている。
 海を眺める栄蔵(少年時代の良寛)の像がある。
 時代館・石油記念館の入館料:大人500円、小中学生400円(団体割引あり)
 営業時間:時代館・石油記念館 9時~17時
 物産館 9時~17時(冬期間時間変更あり)
 レストラン 11時~17時(夏期時間延長あり)
 休館日:第1水曜日(5月、8月無休)及び年末年始

全景写真

道の駅越後出雲崎天領の里の全景写真

詩歌碑・像

少年時代の良寛(栄蔵)像

少年時代の良寛像

逸話
 子供の頃の栄蔵は人を上目使いで見る癖があった。ある時、父親に「上目使いで親をにらむような者は鰈になるぞ」と叱られて、栄蔵は家を飛び出した。
 日が暮れても帰ってこない栄蔵を心配して家の者が探しに行くと、海岸の岩場にしゃがみこんでいるのを見つけた。
「何をしているんだ」と尋ねると「まだ鰈になっていませんか」と言ったそうである。
 感受性の豊かな少年であった。
 その逸話をモチーフにした像である。

関係機関リンク先

このページに関するお問い合わせは

長岡地域振興局企画振興部
〒 940-8567 長岡市沖田2丁目173番地2
電話: 地域振興課 0258-38-2507
ファクシミリ: 0258-38-2548

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ