ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

18 大黒屋

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0053323 更新日:2019年3月29日更新

「良寛たずね道八十八ヶ所巡り」のトップページへ

概要・良寛とのゆかり

 良寛が買い求めた和菓子「白雪羔」を再現した菓子屋。
 良寛は与板の山田杜皐と、出雲崎の菓子屋三十郎宛てに、同じ時期に手紙を送っている。

概要・良寛とのゆかりの画像

 大黒屋は、この時の菓子屋三十郎ではないが、江戸時代の書物「和漢三才図絵」を元に、昭和5年の良寛百年忌に白雪糕を再現した。
 大黒屋:創業は明治13年(1883)

 当時、白雪羔をお湯に溶かして、母乳代わりに赤ん坊に飲ませることがよくあったという。
良寛は母乳が出ない母親のために白雪羔を求めたのであろうか。

全景写真

大黒屋の全景写真

このページに関するお問い合わせは

長岡地域振興局企画振興部
〒 940-8567 長岡市沖田2丁目173番地2
電話: 地域振興課 0258-38-2507
ファクシミリ: 0258-38-2548

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ