ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 村上地域振興局 企画振興部 > 【村上】三面川鮭稚魚放流式が行われました

本文

【村上】三面川鮭稚魚放流式が行われました

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0052687 更新日:2019年3月29日更新

5万匹のサケ稚魚を放流!

戻ってきてねと願い込め放流の画像
戻ってきてねと願い込め放流

 4月16日(木曜日)、村上市を流れる三面川(みおもてがわ)で、「三面川鮭稚魚放流式」が行われました。

 放流した稚魚は5万匹で、体重1.5グラム、体長6~8センチ。
 耳石にしるしを付けているので、世界のどこで獲れても村上の鮭だとわかるとのこと。

 放流式に参加した市内の児童たちは、稚魚の入ったバケツを大事そうに抱え、水際では「元気でね!」「また戻ってきてね!」などと声をかけながら、優しく放流していました。

 なお、三面川近くの「イヨボヤ会館」では鮭の稚魚を間近で観察することができます。水槽の中を元気に泳ぐ稚魚の様子をぜひご覧ください!

知事もみんなと一緒にの画像
知事もみんなと一緒に!

みんなで元気でね!と声をかけましたの画像
みんなで元気でね!と声をかけました!

イヨボヤ会館のHPはこちら!<外部リンク>

「イヨボヤ会館」の位置図

大きな地図で見る<外部リンク>

 

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ