ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 村上地域振興局 企画振興部 > 【村上】県無形文化財「大須戸能」が上演されました

本文

【村上】県無形文化財「大須戸能」が上演されました

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0052603 更新日:2019年3月29日更新

春を告げる「大須戸能」

春を告げる「大須戸能」の画像

 4月3日、村上市大須戸地区で「大須戸能」が上演されました。

 大須戸能は、江戸時代後期から大須戸地区の住民の間で伝承され、昭和30年には新潟県の無形文化財に指定されています。その華麗な舞は、山形県庄内地方に伝わる黒川能の流れを汲んでいるとされています。

 当日はあいにくの小雨で、肌寒い天候でしたが、会場の八坂神社には200人以上の観客が集まりました。「鶴亀」、「敦盛」、「瓜盗人(狂言)」、「烏帽子折」の4演目が演じられ、優雅な舞に大きな拍手が贈られました。

 また、この日は「大須戸春祭り」も開かれ、餅つき大会や特産品販売などが行われました。学校が春休み期間中ということもあり、大勢の小中学生が楽しそうに出店を見て回る光景が印象的でした。

狂言「瓜盗人」の一幕の画像
狂言「瓜盗人」の一幕

カメラマンもたくさん集まりましたの画像
カメラマンもたくさん集まりました

賑わいを見せた大須戸春祭りの画像
賑わいを見せた大須戸春祭り

美味しいお餅が振る舞われましたの画像
美味しいお餅が振る舞われました

 

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ