ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 村上地域振興局 地域振興担当 > 「トキめき新潟国体」に向けて「日本海スケートGAME2」が開催されました

本文

「トキめき新潟国体」に向けて「日本海スケートGAME2」が開催されました

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0052827 更新日:2019年3月29日更新

10月12日(日曜日)に「日本海スケートGAME2」が開催されました!

画像:スケートボード
完成度の高い技を連発!!

 「トキめき新潟国体」デモンストレーション競技の「スケートボード競技」は村上地域で開催されます。
 国体スケートボード競技開催日は、2009年9月21日、時間的にはもう1年を切っています。
 10月12日(日曜日)、日本海スケートボード協会では「トキめき新潟国体」に向けて、「日本海スケートGAME2」と題し、本番と同じ競技内容で大会を行いました。

見事なパフォーマンスを披露!

マイクパフォーマンスで雰囲気を盛り上げますの画像
マイクパフォーマンスで雰囲気を盛り上げます

 「日本海スケートGAME2」にはオープンクラス、キッズクラスA、キッズクラスB、キッズクラスCの4クラスに約50人が参加をして、『タイムレース(「チックタック」)』・『ランプ競技』・『パークスタイル競技』の3種目で技を競い合い、各選手が見事なパフォーマンスを連発していました。
 国体では100人規模の大会を予定しています。運営スタッフは日頃から「日本海スケートパーク」で技を磨きあっている仲間達がボランティアでサポートをしてくれます。
 「通常ここで行う大会は『ライブ感』を大切にしながら運営しています。いつもとはちょっと勝手が違いました。」(平野事務局長談)
 これまでも全国的な大会を開催してきた経験を活かしながら、国体に参加した選手達が最高のパフォーマンスを披露できるような雰囲気づくりに期待がかかります。

見事なビッグジャンプの画像
見事なビッグジャンプ!

 各キッズクラスに参加していたこどもたちも、果敢に難易度の高い技にチャレンジし、成功するたびに拍手が沸き起こっていました。
 最終種目のパークスタイル競技では、全国でも屈指のトッププレイヤー平野選手が豪快にジャンプ!
 高度な技とスピード・高さを見せつけ観衆を圧倒するパフォーマンスを見せてくれました。

関連記事

イメージ:スケートボード

スピード感あふれるダイナミックな技!「スケートボード」に注目!

 

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ