ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 知事政策局 国際課 > 知事が北京・大連を訪問しました

本文

知事が北京・大連を訪問しました

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0181303 更新日:2019年8月3日更新
 知事が中国(北京・大連)を訪問し、中国側関係機関に対し、県産食品の輸出解禁に向けた要請等を行うとともに、中日文化観光大連交流大会での観光プレゼンテーションや観光関係者との面談を通じ、本県観光の魅力発信に取り組みました。県では引き続き、こうした取組を通じ、本県と中国との交流拡大を図ります。

〇訪問者  花角知事ほか関係部局職員等

〇訪問期間  令和元年5月23日(木)~27日(月)

≪主な概要≫

1 米以外の県産食品の輸入規制の解除要請

〇食品の輸入規制を担当している海関総署や、外交部をはじめ中国共産党中央対外連絡部などの関係者に対し、県産食品の安全性を直接説明し、米以外の食品の輸入規制の解除を要請しました。
〇各部署から、科学的な分析と安全を第一に積極的に検討するとの反応がありました。
〇今後も、米以外の食品の輸入規制解除に向け、積極的な働きかけを政府に要望するとともに、県としても、県産食品の安全性に関する情報を提供していきます。 中国共産党対外連絡部訪問 中糧集団訪問

中国共産党中央対外連絡部との意見交換

中糧集団との意見交換(ショールームも視察)

2 スノーリゾート新潟を中心とした観光の魅力発信

大連でのプレゼンテーション

(1)中日文化観光交流大会への参加
 中国地方政府関係者、観光関係者等に対し、スノーリゾート新潟の魅力を直接PRし、新潟への来訪を呼び掛けました。

(2)北京のスキークラブ関係者及び大連の観光関係者等との意見交換
 新潟のスキー場の知名度向上や新潟ならではのアピールポイントの明確化など、さらなる誘客拡大に向けた取組の方向について意見を交わしました。

中日文化観光大連交流大会での観光PR

3 大連市長との意見交換

〇 大連市長から、大連港の再編や新空港建設などの取組についての紹介があったほか、交流のターゲットをしぼり、お互いのメリットとなるような新しい協力関係を築きたいと提案がありました。

〇 今後、双方が協力・連携ができる項目についてを検討を進めることとしました。

大連市長との面談

大連市長との意見交換

◇このページに関するお問い合わせは 国際課
〒  950-8570  新潟市中央区新光町4番地1 
電話:  025-280-5098  ファクシミリ: 025-280-5126 
電子メール:  ngt000130@pref.niigata.lg.jp 
このページに関するお問い合わせは<外部リンク>
このページの先頭へ
<外部リンク> 県公式SNS一覧へ