ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 福祉保健部 子ども家庭課 > 令和元年度 青少年を取り巻く社会環境実態調査結果

本文

令和元年度 青少年を取り巻く社会環境実態調査結果

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0251958 更新日:2020年1月29日更新

 県では、毎年7月に「青少年の非行・被害防止全国強調月間」の取組の一環として、青少年を取り巻く社会環境の実態調査を、市町村等の協力を得て行っています。
 令和元年度の調査結果がまとまりましたので、お知らせします。

調査期間

令和元年7月1日~7月31日
「青少年の非行・被害防止全国強調月間」の1ヶ月間

調査方法

 市町村職員、育成指導員、民生・児童委員、PTA役員など青少年育成関係者による巡回調査

調査内容

  1. 有害図書類を販売している書店、図書類自動販売機の実態
  2. 成人向けDVD等を販売又は貸出している店舗及び自動販売機・貸出機の実態
  3. ゲーム場、有害がん具取扱店の実態
  4. カラオケボックス、マンガ喫茶・インターネットカフェの実態

※ カラオケボックス、マンガ喫茶・インターネットカフェは隔年での調査とし、令和元年度は調査を実施しなかった。

調査結果

このページはリンク自由です

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ