ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・安全・環境 > 防災 > 鳥インフルエンザに関する情報

本文

鳥インフルエンザに関する情報

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0537512 更新日:2022年12月7日更新

新着情報​​​​

新着情報一覧

県民の皆様へ

鶏肉・鶏卵は安全です

国内において、鶏肉、鶏卵を食べて人に感染したことはありませんので普段どおりの生活をお願いします。

▼食の安全に関することは
 生活衛生課 ☎ 025-280-5205 まで

▼人の健康に関することは
 感染症対策・薬務課 ☎ 025-280-5200 まで

詳しくはこちら(農林水産部・福祉保健部のページ)

鳥インフルエンザの人への感染について

  • 鳥インフルエンザウイルスは、通常、人に感染することはありませんが、感染した家きんやその排泄物、死体、臓器などに濃厚な接触があった場合などに、きわめて稀に人にも感染する可能性があります。
  • 日本では、発症した人は確認されていません。

詳しくはこちら(感染症対策・薬務課のページ)

死亡した野鳥を見つけた場合

死亡している野鳥を発見しても、すぐに高病原性鳥インフルエンザを心配する必要はありません。
なお、次の場合は感染の疑いがあるので、素手で触らずにご連絡ください。

  • 猛禽類や白鳥などの水鳥が死んでいる。
  • 同じ場所で多数の鳥が死んでいる。

発見した場合は
 お近くの地域振興局健康福祉(環境)部
 または環境対策課 ☎ 025-280-5152 まで

詳しくはこちら(環境対策課のページ)

防疫措置に伴う環境調査について

 高病原性鳥インフルエンザの防疫措置に伴い、農場周辺等で実施した河川水及び地下水の調査結果をお知らせします。

  • 現在、異常は認められません

詳しくはこちら(最新の調査結果)

県内養鶏場の皆様へ

鳥インフルエンザウイルス侵入防止対策徹底のお願い

防疫対策の再点検を行い、発生予防に万全を期すようお願いします。

  • 立入制限
  • 消毒の徹底
  • 野生動物の侵入防止対策の再確認
  • 異状の早期発見・早期通報

毎日飼養鶏の健康観察を行い、異状がみられた場合は直ちに家畜保健衛生所へ通報してください。​

(問い合わせ先)
 畜産課家畜衛生係 ☎ 025-280-5308

消毒ポイントについて

 飼料運搬車両等の畜産関係車両を消毒するため消毒ポイントを設置しています。制限区域内から車両で制限区域外に出る場合、消毒ポイントを通過するようお願いします。

設置箇所(3箇所)
1 県道14号上網木側待避所(阿賀町網木)
2 県道14号下網木側待避所(阿賀町網木)
3 県道14号大槻退避所(新発田大槻)

地図はこちらからご確認ください [PDFファイル/404KB]

鳥インフルエンザの発生に対する緊急対策

 鳥インフルエンザのまん延防止対策を講じるとともに、事業者等の経営の維持安定のための支援を実施します。

詳しくはこちら

各種相談窓口

鳥インフルエンザについて

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ