ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
パンくず トップページ > 組織でさがす > 柏崎地域振興局 地域整備部 > 令和元年6月度 鵜川ダム工事の様子

本文

令和元年6月度 鵜川ダム工事の様子

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0181175 更新日:2019年8月3日更新

令和元年6月

堤体河床部

赤枠部の堤体河床部にてコアの盛立を行っています。
コアは遮水ゾーンとなるため、降雨などの気象条件により盛立を制限されながら施工を行っています。

堤体河床部 コア盛立状況

堤体河床部

目標の層まで盛立が終了したら、乾燥ひび割れ防止のため、ブルーシートによる養生を行っています。

堤体河床部 コア盛立状況

堤体河床部

コア材と基礎岩盤面が接する重要部なので、基礎岩盤を傷つけないよう、手作業による慎重な施工を行っています。

堤体河床部 着岩コア盛立状況(エアタンパによる締固めを行っています)

堤体 断面図

断面図で見ると赤枠の部分が現在コア盛立てを行っている堤体河床部と呼ばれるところです。

堤体 断面図

原石山

堤体の透水ゾーンで使用するロック材の採取を行っている原石山です。

原石山

原石山

堤体の透水ゾーンで使用するロック材の採取、運搬を行っています。

原石山 作業状況

堤体 断面図

透水ゾーンには(1)外部ロック(2)内部ロックに分かれています。(1)はダムの斜面を安定させる透水ゾーンです。(2)はコア、フィルターの各ゾーンを支える透水ゾーンです。

堤体 断面図

過去の工事状況写真

平成30年度 鵜川ダム工事の様子

鵜川ダム建設事業トップへ戻る

◇このページに関するお問い合わせは 柏崎地域振興局地域整備部
〒  945-8558  柏崎市三和町5-55 
電話:  0257-21-6302  ファクシミリ: 0257-24-0346 
このページに関するお問い合わせは<外部リンク>
このページの先頭へ

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ