ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
パンくず トップページ > 組織でさがす > 土木部 河川整備課 > 建設中・調査中の各ダムの概要

本文

建設中・調査中の各ダムの概要

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0048536 更新日:2019年9月3日更新

鵜川ダム

鵜川ダムの航空写真
鵜川ダム(柏崎市)

 尾神岳に源を発し日本海に注ぐ鵜川に建設を進めている鵜川ダムは下流柏崎市の洪水被害防止、河川機能維持のための用水補給を目的としたダムです。
 平成16年から本体工事を行っています。現在、平成30年度からの本体盛立に向けて、基礎処理工、洪水吐工、そして盛立材料となる原石山の本掘削を進めています。

ダムの所在地:新潟県柏崎市清水谷
ダムの形式:ロックフィルダム
ダムの高さ:55.0m
総貯水容量:4,700千立法メートル

鵜川ダムの概要(柏崎地域振興局地域整備部のページ)

儀明川ダム

儀明川ダム写真
儀明川ダム(上越市)

 上越市儀明に源を発し関川に合流する儀明川に建設を進めている儀明川ダムはダム下流域の上越市の洪水被害の防止・軽減、河川機能維持のための用水補給及び雪対策のため用水補給を目的としたダムです。
 現在、付替道路等の工事を進めています。

ダムの所在地:新潟県上越市大字向橋
ダムの形式:重力式コンクリートダム
ダムの高さ:36.8m
総貯水容量:2,510千立法メートル

奥胎内ダム

奥胎内ダムの航空写真
奥胎内ダム(胎内市)

 飯豊連峰に源を発し、日本海に注ぐ胎内川に建設を進めている奥胎内ダムは、既設胎内川ダムとの連携によりダム下流域の胎内市の洪水被害防止・軽減と発電を目的としたダムです。
 平成14年から本体工事を行い、平成28年9月に本体コンクリート打設が完了しました。現在、平成30年度の完成に向けて管理設備等の工事を進めています。

ダムの所在地:新潟県胎内市下荒沢
ダムの形式:重力式コンクリートダム
ダムの高さ:82.0m
総貯水容量:10,000千立法メートル

奥胎内ダムの概要(新発田地域振興局地域整備部のページ)

新保川ダム(再開発)

既設新保川ダムの航空写真
新保川ダム(佐渡市)

 新保川ダムでは昭和48年に完成した既設新保川ダムを有効利用するための再開発事業を進めています。
 新保川ダム再開発はダム下流域の佐渡市の洪水被害防止・軽減、河川維持機能のための用水補給および、上水道補給を目的としたダムです。
 現在、各種調査を行なっています。

ダムの所在地:新潟県佐渡市千種・北新保
ダムの形式:重力式コンクリートダム
ダムの高さ:38.0(29.0)m
総貯水容量:1,150(500)千立法メートル
( )書きは既設新保川ダムの諸元

既設新保川ダムの概要(佐渡地域振興局地域整備部のページ)

大地とまちの縁がわ

新潟県のダムの概要

各ダムの概要

ダムに関する知識

ダムイラスト

このページに関するお問い合わせは

河川整備課 ダム海岸整備係
〒950-8570 新潟市中央区新光町4番地1
電話: 025-280-5966
ファクシミリ: 025-280-5376
電子メール: ngt080060@pref.niigata.lg.jp

このページはリンク自由です

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ