ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 県民生活・環境部 環境対策課 > 加茂市高須町地内の水路における魚類へい死について

本文

加茂市高須町地内の水路における魚類へい死について

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0420244 更新日:2021年8月19日更新

本日、県に「加茂市高須町地内の水路で魚が死んでいる」との通報があり、県三条環境センターが11時15分頃に現地を確認したところ、百匹程度のフナ等のへい死魚を確認しました。
三条環境センターが実施した簡易水質検査(pH、溶存酸素、シアン、六価クロムなど)では異常は認められず、原因は不明です。
また、現場の周辺及びその下流域で新たなへい死魚や衰弱した魚は確認されなかったことから、一過性のものと推定されます。
県では、引き続き水路の状況を注視していきます。

 

【事案の概要】

  1. 発見日時: 令和3年8月19日(木)10時11分頃
  2. 発見場所: 加茂市高須町地内の水路
  3. へい死魚: 体長5cm程度のフナ等の魚百匹程度

 

報道資料 [PDFファイル/66KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ